1. ホーム   ≫  
  2. 東北地方の日本酒ランキング

東北地方の日本酒ランキング2024

更新日時:2024年06月20日

本州の北東部に位置し、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島の6県から成る東北地方は、冬場の豪雪と低温が特徴の酒造りに適した土地。東北の日本酒といえば淡麗辛口の日本酒が主流だが、福島は淡麗甘口、宮城は濃醇辛口の傾向が強い。東北の日本酒文化醸成に大きく寄与するのは、日本三代杜氏の一つである南部杜氏の存在だ。南部杜氏の酒造技術は、年に何度も行われる講習会によって岩手県を中心に代々受け継がれており、近年では若手杜氏や女性杜氏の活躍も著しい。

また日本有数の米どころでもある東北地方では、秋田県オリジナルの「秋田酒こまち」や青森県の「華想い」をはじめ、各県で特有の酒米が開発されている。地域ごとの風土にあわせ、地元の素材をつかった高品質な日本酒造りに力を入れる蔵も増えており、国内外の酒類コンクールでの受賞歴も多数。ぜひ各県の郷土料理とともに、地酒を味わってみてはいかがだろうか。