1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 福島の日本酒   ≫  
  4. 会津宮泉 (あいづみやいずみ)
会津宮泉

会津宮泉 (あいづみやいずみ)

酒蔵サイトへ

福島 / 宮泉銘醸

4.01

レビュー数:309

「冩樂」でお馴染みの宮泉銘醸は、昭和30年に宮森啓治酒造場として創業し、昭和39年に現在の宮泉銘醸となった。 全国で日本酒の出来栄えを競う「全国新酒鑑評会」で毎年高い評価を得ている福島県の中でも代表的な蔵元だ。 元々、宮泉銘醸は「會津宮泉」を主力銘柄とした酒造りを続けきた。 「冩樂」を発売した頃は、「冩樂」の製造責任者は宮森義弘さんで、「會津宮泉」は従来の杜氏がひきつづき担うという2人杜氏の体制だったが、近年、宮森義弘さんが酒造りのすべてを統括することになった。今まで「酒蔵の屋台骨だった『會津宮泉』を守り続けてきた杜氏や蔵人への感謝と恩返しをするつもりで『會津宮泉』を『冩樂』に負けないお酒に育てる」事を誓い、ガラリと酒質を変更する。すると、その成果が現れ「2018年酒コンペティション2018」でNO1(市販酒純米部門)を受賞する。 「酒造り」へのあくなき追求。酒質向上への努力。日本が誇る伝統産業「日本酒」の未来を思い描く。愛を込めて酒造りを行っている。

会津宮泉のクチコミ・評価

  • maxino

    フレッシュで瑞々しい甘味・旨味。
    余韻は短く潔い。
    甘旨が強くて飲み続けると疲れるけれど、定番の純米酒でこの鮮度と味わいはすごいですね。

    2021年1月16日

  • スーパーポジティブ鼠

    たぬきの~タヌキによる~狸のための~
    「すーさん!どうせこんなん好きなんやろ?選手けーん!」番外編

    たまたまですよ?
    タマタマ今日届いたんです!
    イベント用じゃなかったけどせっかくなんでひとり後夜祭( ゚∀゚)o彡゚
    (何気にアイコンも少し気に入っている…)

    會津宮泉‼️

    無濾過生の"しゃらじゅん"もかなり魅力的やけど、とりあえず會津宮泉優先でGET♬

    家で呑むのはお初です♪

    巷では"しゃらじゅん"と中身は同じとか地元限定流通でやや辛めにしてるとか言われてますが…

    何を隠そう"しゃらじゅん"好きとしてはまあまあ自信あるので、ワタクシの目線で比べていきたいと思いますぅ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    I''sといえば一貴、伊織、いつき、泉が織りなすSTORY✨
    電影少女と共に少年時代のバイブルやったといっても過言ではない。
    何回抜い…

    桂先生の描くお尻より興奮するお尻に未だかつて出会ったことがない((( ̄へ ̄井)
    (注)別にお尻フェチではない。

    いやぁ、それにしても弟が愛されてて兄貴としても非常に嬉しい気分になりましたヽ(´ε`○)

    企画としても凄く良かったと思いますよ?御狸さん❤

    でもね、ひとつだけずっと疑問に思ってること。

    「そもそもすーさんてミーハーなん?」

    確かに好みはハッキリしてるけど…
    それってミーハーなん?
    別に流行りに流されてへんしミーハーとは言わんのでは?

    個人的にミーハー族ってのは流行ってるやつを追い求めてる人達やと認識している(´-ω-)ウム

    ミーハーは、日本語の俗語で、世の中の流行や話題となった人物・事物の動静に、もともと興味がなかったにもかかわらず、にわかに熱中する者(にわかファン)に対しての蔑称である。
    by Wiki

    桂先生の描くお尻が好きな人は果たしてミーハーなのか。

    否。
    男ならたぶん誰でも好きやけど、それをミーハーとは呼ばない。

    って何の話やねん(*`□´*)
    ✁┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

    便利なチョキチョキ♪

    仕切り直したところで始めましょうか~笑

    まずは香りから。
    安定の冩樂flavor✨
    やっぱり冩樂は唯一無二!!
    セメダインといえば聞こえは悪いからシャラダインかな?
    バナナとリンゴと何やろ?
    中々この香りはないよね?

    含みます。
    ㋖㋟〰(☉∀☉)。・:+°

    そうそう!この甘やかで落ち着く含み香は"しゃらじゅん"そのもの❤

    なんやろ?
    フレンチトーストやなくてシュガートースト食べたときの癒され度合い♪
    適度な甘さ(〃´-`〃)

    甘いけど微炭酸でちゃんと酸味と旨味とのバランスが抜群やから甘さが程よく感じるんよなぁ(*´ω`*)

    ちょっとアルコール感残るけど全然嫌な余韻やない!

    そしてやっぱり燗にしても旨し(≧∇≦)/
    余計な吟醸香がないのが"しゃらじゅん"の魅力(♡∀♡)

    大好き━━━━♡♡

    やっぱりベスト・オブ・冩樂ですわー(゚∀゚)

    あれ?
    やってもうたか?
    やっぱり中身は"しゃらじゅん"ちゃいますか?

    擬人化コーナーいきます‼️

    "しゃらじゅん"さんの双子のちょいとキレイなお姉さんW(`0`)W

    写楽潤さんのお姉さんの名前はたぶん写楽愛さんとかちゃうかな?

    言われてみたら上品でちょっと辛口寄りな気もするけども…

    でもどっちでもええっすよね~

    書いてても書いてなくても
    両方ともに間違いなく純愛仕込❤

    みなさまに愛される酒。
    それが冩樂(`・∀・)ノイェ-イ!

    #スーパーポジティブ宮泉

    特定名称 純米

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2021年1月12日

  • kenkoudai3000

    会津宮泉 純米にごり初しぼり

    鮮烈。上澄みはきれいな水をのんでいるかのよう。
    オリを絡めて、米のうまみを楽しめます。
    ずんずんいけて、気づけば酔いが回ってそう。

    720で1400円と税。16度。

    酒の種類 生酒

    2021年1月12日

  • Koyumi

    にごりが続きます。
    いつも光栄菊を買う酒屋さんに薦められて購入。
    発泡感があって甘くて美味しい。
    一升瓶で買いたかったなぁ

    2021年1月12日

  • かぶかぶ

    三連休も今日で最後。半年近く寝かせた宮泉の純米生酛◎
    今季2本目、寝かせの効果は如何に?
    酵母無添加なので蔵付き酵母ですかね。香りはほとんど立たず。磨き60%ながら口当たりすっきり。口内で苦味を含む複雑味が広がりつつ、余韻にかけて旨味+甘味が膨らむ(’-’*)♪
    寝かせて冷やしてキリッと飲むのが正解!
    一白水成と飲んでいますが、余韻の甘味の膨らみの違いで宮泉のバランスの良さが際立つ☆
    毎年福島の酒屋さんから取り寄せていましたが、今年は福島以外でも発売されそうですね( *´艸)

    2021年1月11日

  • ナナメ

    会津宮泉 純米にごり

    ...................................................................

    ナナメです。

    写楽で有名な宮泉銘醸さんの地元
    ブランド。最近は県外でも見かける
    ようになりました。

    純米にごりは12月に発売される
    季節商品です。


    オリ率は10%といったところで
    しょうか?


    甘みは抑えめ。柑橘系の酸、溶け
    込んだガス、そしてさわやかな苦味。

    これは、まるで旨味のあるレモン
    サワー 。

    ミネラル感も感じられ余韻はドライ
    で爽やか。

    うーん、激ウマ!!


    #二ゴリンピック R2BY

    好記録がでました!ニゴリンピックの
    最新順位は?
    
    1. 會津宮泉 純米にごり
    2. 廣戸川 にごり
    3. 仙禽 雪だるま
    
    高得点で一気にごぼう抜きの首位!

    ※現在のエントリー:5本

    昨年の結果はこちら
    https://note.com/kouda/n/n810807f99c3f

    ...................................................................

    アルコール:16度
    原料米:夢の香
    精米歩合:60%
    酵母:非公開
    日本酒度:非公開
    酸度:非公開
    アミノ酸度:非公開
    蔵元:宮泉銘醸
    都道府県:福島県

    2021年1月10日

  • しるふぁ

    宮泉 酵母無添加純米生酛

    (2019年撮影。過去に飲んだお酒のため詳細は書きません。)

    特定名称 純米

    原料米 夢の香

    酒の種類 生もと

    2021年1月10日

  • 田川の鯉

    出品酒というとすっきりとしたイメージですが、これは味わいが複雑でいいです。繊細さの中に濃さというか。( ゚Д゚)ウマーい。あっという間になくなりましたとさ。

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2021年1月2日

  • ぬー

    會津宮泉 純米にごり生酒
    大人のカルピスソーダ、うまっ!

    2020年12月31日

  • kunihi

    純米にごり 初しぼり生

    写楽よりもドライでこちらの方が好みかな

    2020年12月31日

  • nao

    nao

    4.5

    會津宮泉 純米にごり

    香りはビックリするぐらいラムネ
    去年も飲んだけど、毎年驚かされますw

    口に含めばピッチピチのフレッシュで甘うまー
    スルッスル入るお酒
    撹拌すると旨味ちょい上がるけど相変わらずのスッキリうまうまで止まらんです

    今年は沢山宮泉飲むことができました
    毎回美味しいので安定です

    2020年12月30日

  • kaze

    kaze

    4.0

    久しぶりの宮泉。写楽は頂くこと多いですが、宮泉は中々出会えない。この時期にしか出会えない純米にごり。写楽と違ってアルコール感強い。ある意味若々しいのか、骨格がしっかりしてるのか。2日目に期待します。写楽と宮泉の方向性がこんなに違うのかと思いました。

    2020年12月28日

  • 季札

    甘すぎもせず、すっきりしています。来年も買おう。
    刺身とかによく合います。
    写楽のおりがらみもこんな透明なビンならイメージも変わるのかなぁ。

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年12月28日

  • しるふぁ

    宮泉 貴醸酒

    (2019年撮影。過去に飲んだお酒のため詳細は書きません。)
    寫樂はなんとなく味わいのイメージがつきますが、宮泉では色々なお酒に挑戦しているせいか、あまりイメージが固定化されてません。故に買う時のドキドキ感がまた楽しいのです笑。
    貴醸酒の割にはすっきりとしていて飲みやすい印象。五百万石由来でしょうか。

    原料米 五百万石

    テイスト 甘辛:甘い+1

    2020年12月28日

  • わいへー

    新酒!にごりととともに旨味がガツンときます。口当たりが柔らかくて、角がなく、ガツンのあとにスーッと流れていきました。

    2020年12月27日

  • しるふぁ

    宮泉 純米吟醸 山酒4号 おりがらみ

    (2019年撮影。過去に飲んだお酒のため詳細は書きません。)

    特定名称 純米吟醸

    酒の種類 生酒

    2020年12月24日

  • しるふぁ

    宮泉 純米酒 無濾過生

    (2019年撮影。過去に飲んだお酒のため詳細は書きません。)
    記憶に残るイメージでは寫樂の生と違いがありません。ほぼ同日くらいに飲み比べしないと分からないレベルかと。

    特定名称 純米

    酒の種類 無濾過 生酒

    テイスト 甘辛:甘い+1

    2020年12月23日

  • 梅子

    會津宮泉 純米酒

    2020年12月13日

  • nao

    nao

    4.5

    會津宮泉 純米吟醸 福乃香

    口に含めるとライチや白葡萄感の香りが鼻に突き抜けて行く
    旨甘味もありつつ、苦酸味で抜けるのでスッス入る
    いやー危ないお酒です。
    後半にも関わらず、危うく飲み干すとこでした汗

    今日は酒屋さんで取置きして貰った新政農民を購入。
    そしたら九十周年もあるよと言われ、限定に弱い日本人として購入してしまいました。
    飲み頃が全然わからん…定員さん曰く2ヶ月後ぐらいじゃね!?とのこと。情報も少ないしいつ飲もうか悩み中

    2020年12月13日

  • しるふぁ

    宮泉 純米酒

    (2018年撮影。過去に飲んだお酒のため詳細は書きません。)
    仕込みは寫樂と同じなんだとか。実際飲み比べてみたこともありますが、そう大きく違いはありません。寫樂が好みのタイプであればこちらも間違いないと思います。

    特定名称 純米

    2020年12月9日

会津宮泉の酒蔵情報

名称 宮泉銘醸
特徴 宮泉酒造は、昭和30年に創業した、清酒「會津宮泉」「寫樂」、本格焼酎「玄武」を醸造する酒蔵だ。「會津宮泉」が元からあった銘柄で、「冩樂」は同じ会津若松市内にあった酒蔵が廃業する際に引き取った銘柄。普通酒メインの酒造りを続け、経営状態が思わしくない状態から転換したのは、現社長である4代目・宮森義弘氏が26歳で実家に戻ってから。 蔵元として経営だけを担うつもりで大人になった義弘氏だったが、蔵に戻る前に飲んだ廣木酒造本店「飛露喜」のおいしさに衝撃を忘れられず、やがて福島県清酒アカデミーで3年間勉強したのちに、2007年新ブランドとして「冩樂」の醸造を自らスタートした。2012年にはそれまで杜氏に任せていた「會津宮泉」も含めたすべての醸造も担うようになり、どちらも遜色ない一流のブランドとして生まれ変わり、日本酒愛好家の話題をさらった。 「全国新酒鑑評会」金賞受賞につづき、市販酒の実力を競う「SAKE COMPETITION」で2014年「冩樂」は、純米酒と純米吟醸酒の両部門で1位に輝いたことでさらなる脚光を浴びた。2018年には「會津宮泉」が純米酒部門で1位を獲得。ベルギーのブリュッセル国際コンクール「SAKEセレクション2018」で「會津宮泉 純米酒」が最高賞のトロフィー酒を獲得するなど、いまや世界が認める会津を代表する銘酒蔵である。(関 友美)
酒蔵
イラスト
会津宮泉の酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 会津宮泉 写楽(寫樂) 宮泉鬼ごろし
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 福島県会津若松市東栄町8−7
地図