1.   ≫  
  2.   ≫  
  3. 群馬の日本酒ランキング

群馬の日本酒ランキング2018

更新日時:2018年12月09日

吹割の滝など豊富な水源を象徴するかのような観光地もある群馬県。清らかな水の流れは口当たりの良い日本酒を作り出す軟水である。日本酒ファンの注目スポットでもある群馬、豊富な水源は酒の仕込み水として使用されるだけではなく美味しいお米を作る元ともなる。元禄3年(1690)に創業した酒蔵、牧野酒造の代表銘柄は「大盃(おおさかずき)」だ。この名前は、小栗上野介がアメリカに使節団の一員として渡った際に祖先が同行し、その祝いを大杯で祝ったことが所以である。歴史にも顔を出す老舗酒蔵の味は生酒の味わいがたまらない。

その他にも天保12年(1841)創業の聖酒造の赤城山から流れる伏流水を仕込み水として使用した「関東の華(かんとうのはな)」、米本来の旨みを最大限に引き出しつつ、デザート酒やスパークリングなど新しい日本酒に向けた取り組みが続いている永井酒造の「水芭蕉(みずばしょう)」など、旨い酒が多くある群馬県。利根川水系を流れる伏流水を仕込み水とした群馬の酒を楽しみたい