1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 福島の日本酒   ≫  
  4. 写楽(寫樂) (しゃらく)
写楽(寫樂)

写楽(寫樂) (しゃらく)

酒蔵サイトへ

福島 / 宮泉銘醸

4.31

レビュー数: 3042

福島の酒を代表する銘柄。福島県は東日本大震災後の2013年から3年連続で全国新酒鑑評会の都道府県別金賞一位を獲得するなど、生産者の努力を背景に高品質の酒を生み出す地である。フレッシュで鮮度のいい酒でありながら、骨格がしっかりとした酒、それが冩楽だ。ふな口からの酒をそのまま送り出すイメージを大切にし、丁寧な造りを行い、搾りたての酒の旨みと躍動感を大切にしている。「冩楽 純米吟醸おりがらみ」をはじめ、システムエンジニアから酒蔵を継いだ宮森義弘さんが米の旨みと可能性を追求している。料理を選ばない究極の食中酒だ。

写楽(寫樂)のクチコミ・評価

  • GYA

    GYA

    5.0

    ついに見つけた。
    写楽の剣愛山!

    いい。いいぞ。。。これ。
    ハンプ会だけかー。

    もう一回飲みにこよう。

    2022年10月5日

  • G漢

    G漢

    4.0

    備忘錄

    特定名称 純米吟醸

    原料米 山田錦

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2022年10月2日

  • A.J

    A.J

    5.0

    写楽 純米吟醸 赤磐雄町

    美味い。雄町の骨太な旨味が一夏を超えて、熟成し増している。深い旨味に負けない酸味、バランスが最高。
    私が全ての銘柄で、最も好きな秋上がり雄町。今年も美味しく頂きました。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 雄町

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2022年10月1日

  • 不沈艦

    不沈艦

    4.0

    写楽 純米吟醸 一回火入
     久々の写楽はオーソドックスな純米吟醸火入。ツンとするセメ系の香り、果実味のある甘旨味と仄かな酸味、少しモワッとする辛味できれる後味。「写楽」とわかりやすいバランスの良い美味しい酒だと思います。

    2022年10月1日

  • けん

    けん

    4.0

    福島の写楽です。
    酒米に雄町を使っているだけあってインパクトにある味わい。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 雄町

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2022年10月1日

  • なり

    なり

    5.0

    写楽 純米酒。
    季節銘柄もめちゃくちゃ旨いですが
    私はこれが旨いという結論です。

    口に含んだ際の華やかさから
    優しい柔らかい甘さからの複雑味。

    飛露喜と同じラグジュアリー感のあるラベル。
    会津いや福島ブランドとして
    レジェンド王様感に
    惹きつけられます。

    まだ10月ですが12月くらいから発売される
    おりがらみやら無濾過生を飲めるか
    今から心配な感じ。
    そんな自分は改めて写楽信者と認識できる
    極上の逸品でした。

    2022年10月1日

  • 山田 庄司

    山田 庄司

    4.0

    2022/09/28 小料理ゆあさ
    写楽 純米吟醸

    2022年9月29日

  • カルブラートル

    カルブラートル

    4.0

    2022年8月29日購入
    冩楽 純米吟醸 酒未来

    加茂錦の酒未来が美味しかったので冩楽の酒未来も購入。勝手に想像していた味より、かなりキレのある印象でした。美味しいです。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 酒未来

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2022年9月26日

  • sid

    sid

    5.0

    今日はタイガースの試合がないので、中日vs巨人の試合を観ながら、冩楽 備前雄町 火入れver.をいただく。

    香りは洋梨系。甘味と酸味がちょうど良くミックスされて、素晴らしい味わい。後半苦味がやってきて、程よい余韻を創り出している。単品でも、食事ともいける。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 備前雄町

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2022年9月24日

  • コンフォニー

    コンフォニー

    4.0

    写楽 純米吟醸 一回火入

    香りは甘いバナナ系
    シュワ感なくトロリと
    飲み口の香りは控えめに
    酸味と甘みが濃厚ながらもバランスよし
    後口の旨みも非常に厚みがありますが、
    スッキリとキレるためダレる感じはありません

    濃厚でボリューミーですがバランス良く、
    美味しいお酒です

    特定名称 純米吟醸

    原料米 五百万石

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:普通

    2022年9月23日

写楽(寫樂)が購入できる通販

検索

容量 :全て | 720ml | 1800ml |

原料米:全て | 山田錦 | 雄町 |

酒造り:全て | 純米酒 | 醸造酒 |

商品画像 価格 商品タイトル 店舗
【要冷蔵】【2022年6月以降】寫楽 純米酒 ≪一回火入≫ 720ml(しゃらく)(写楽)【宮泉銘醸】【選冷2】◎送料表記はクール代込料金◎ 2,000円 【要冷蔵】【2022年6月以降】寫楽 純米酒 ≪一回火入≫ 720ml(しゃらく)(写楽)【宮泉銘醸】【選冷2】◎送料表記はクール代込料金◎ (楽天市場) 店舗へ行く
宮泉銘醸 寫楽 (しゃらく) 写楽 純米酒 火入れ 720ml ■要冷蔵 2,420円 宮泉銘醸 寫楽 (しゃらく) 写楽 純米酒 火入れ 720ml ■要冷蔵 (楽天市場) 店舗へ行く
寫楽 (写楽) 純米酒 火入れ 720ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年6月】 2,530円 寫楽 (写楽) 純米酒 火入れ 720ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年6月】 (楽天市場) 店舗へ行く
寫楽 (写楽) 純米酒 火入れ 720ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年6月】 2,530円 寫楽 (写楽) 純米酒 火入れ 720ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年6月】 (楽天市場) 店舗へ行く
【要冷蔵】【2022年6月以降】寫楽 純米吟醸 ≪一回火入≫ 720ml(しゃらく)(写楽)【宮泉銘醸】【選冷2】◎送料表記はクール代込料金◎ 2,580円 【要冷蔵】【2022年6月以降】寫楽 純米吟醸 ≪一回火入≫ 720ml(しゃらく)(写楽)【宮泉銘醸】【選冷2】◎送料表記はクール代込料金◎ (楽天市場) 店舗へ行く
寫楽 (写楽) 純米吟醸 火入れ 720ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年7月】 2,979円 寫楽 (写楽) 純米吟醸 火入れ 720ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年7月】 (楽天市場) 店舗へ行く
寫楽 (写楽) 純米吟醸 火入れ 720ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年7月】 2,979円 寫楽 (写楽) 純米吟醸 火入れ 720ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年7月】 (楽天市場) 店舗へ行く
宮泉銘醸 寫楽 (しゃらく) 写楽 純米吟醸 火入れ 720ml ■要冷蔵 2,980円 宮泉銘醸 寫楽 (しゃらく) 写楽 純米吟醸 火入れ 720ml ■要冷蔵 (楽天市場) 店舗へ行く
【要冷蔵】【2022年4月以降】寫楽(写楽) 純米酒 一回火入1800ml(しゃらく)【宮泉銘醸】【選冷2】◎送料表記はクール代込料金◎ 3,350円 【要冷蔵】【2022年4月以降】寫楽(写楽) 純米酒 一回火入1800ml(しゃらく)【宮泉銘醸】【選冷2】◎送料表記はクール代込料金◎ (楽天市場) 店舗へ行く
寫樂/写楽 純米吟醸1800ml2022年5月以降出荷分 3,450円 寫樂/写楽 純米吟醸1800ml2022年5月以降出荷分 (楽天市場) 店舗へ行く
寫樂(写楽) 純米酒 純愛仕込 1800ml (宮泉銘醸)(福島県) 3,500円 寫樂(写楽) 純米酒 純愛仕込 1800ml (宮泉銘醸)(福島県) (楽天市場) 店舗へ行く
写楽 純米酒 1800ml 3,780円 写楽 純米酒 1800ml (楽天市場) 店舗へ行く
写楽  純米吟醸 播州山田錦 火入れ 720ml【2022年7月】 3,850円 写楽  純米吟醸 播州山田錦 火入れ 720ml【2022年7月】 (楽天市場) 店舗へ行く
【要冷蔵】【製造年月2022年2月以降】寫楽 純愛仕込み 純米吟醸 一回火入 1800ml(写楽)【宮泉銘醸】【選冷2】◎送料表記はクール代込料金◎ 3,980円 【要冷蔵】【製造年月2022年2月以降】寫楽 純愛仕込み 純米吟醸 一回火入 1800ml(写楽)【宮泉銘醸】【選冷2】◎送料表記はクール代込料金◎ (楽天市場) 店舗へ行く
寫樂(写楽) 純米吟醸 純愛仕込 1800ml (宮泉銘醸)(福島県) 4,000円 寫樂(写楽) 純米吟醸 純愛仕込 1800ml (宮泉銘醸)(福島県) (楽天市場) 店舗へ行く
寫楽 (写楽) 純米酒 火入れ 1800ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年6月】 4,180円 寫楽 (写楽) 純米酒 火入れ 1800ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年6月】 (楽天市場) 店舗へ行く
寫楽 (写楽) 純米吟醸 火入れ 1800ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年5月】 4,980円 寫楽 (写楽) 純米吟醸 火入れ 1800ml 宮泉銘醸 【クール便】 【詰め日:2022年5月】 (楽天市場) 店舗へ行く
2022年 寫樂(写楽) 純米吟醸 備前雄町 1800ml (宮泉銘醸)(福島県) 5,200円 2022年 寫樂(写楽) 純米吟醸 備前雄町 1800ml (宮泉銘醸)(福島県) (楽天市場) 店舗へ行く
2022年 寫楽(写楽) 純米吟醸 赤磐雄町 1800ml (宮泉銘醸) (福島県) 5,200円 2022年 寫楽(写楽) 純米吟醸 赤磐雄町 1800ml (宮泉銘醸) (福島県) (楽天市場) 店舗へ行く
【2022年9月出荷分】寫樂/写楽純米吟醸 赤磐雄町 1800ml 5,480円 【2022年9月出荷分】寫樂/写楽純米吟醸 赤磐雄町 1800ml (楽天市場) 店舗へ行く
写楽 純米吟醸 播州山田錦 1800ml 7,000円 写楽 純米吟醸 播州山田錦 1800ml (楽天市場) 店舗へ行く
Supported by楽天ウェブサービス
もっと見る

写楽(寫樂)の銘柄一覧

銘柄
純米酒 純愛仕込

純米酒 純愛仕込

原料米:夢の香、 精米歩合:60%、 日本酒度:2.2、 酸度:1.4、 アルコール度:16%

価格帯:3,500円 〜7,590円
純米大吟醸 極上二割

純米大吟醸 極上二割

原料米:山田錦、 精米歩合:20%、 アルコール度:16%

純米吟醸 おりがらみ

純米吟醸 おりがらみ

原料米:五百万石、 精米歩合:50%、 日本酒度:1、 アルコール度:16%

純米吟醸 備前雄町 生酒

純米吟醸 備前雄町 生酒

原料米:雄町、 精米歩合:50%、 日本酒度:1、 酸度:1.5、 アルコール度:16%

純米吟醸 夏吟

純米吟醸 夏吟

原料米:山田錦、 精米歩合:50%、 日本酒度:1、 酸度:1.6、 アルコール度:16%

純米吟醸 播州愛山

純米吟醸 播州愛山

原料米:愛山、 精米歩合:50%、 日本酒度:1.5、 酸度:1.8、 アルコール度:16%

価格帯:3,850円 〜7,180円
大吟醸 しずく取り

大吟醸 しずく取り

原料米:山田錦、 精米歩合:40%、 日本酒度:1、 酸度:1.3、 アルコール度:16%

価格帯:8,800円
純米吟醸 播州山田錦

純米吟醸 播州山田錦

原料米:山田錦、 精米歩合:50%、 日本酒度:1、 酸度:1.4、 アルコール度:16%

価格帯:3,850円 〜7,000円
純米吟醸 酒未来

純米吟醸 酒未来

原料米:酒未来、 精米歩合:50%、 日本酒度:1、 酸度:1.5、 アルコール度:16%

価格帯:4,500円
純米吟醸 備前雄町

純米吟醸 備前雄町

原料米:備前雄町、 精米歩合:50%、 日本酒度:2、 酸度:1.6、 アルコール度:16%

価格帯:5,200円
純米吟醸 なごしざけ

純米吟醸 なごしざけ

原料米:山田錦、 精米歩合:50%、 アルコール度:16%

純米大吟醸 しずく取り

純米大吟醸 しずく取り

原料米:山田錦、 精米歩合:40%、 酸度:1.5、 アルコール度:16%

純米酒 赤磐雄町

純米酒 赤磐雄町

原料米:赤磐雄町、 精米歩合:60%、 アルコール度:16%

価格帯:4,200円 〜5,600円
純米吟醸 赤磐雄町 生酒

純米吟醸 赤磐雄町 生酒

原料米:赤磐雄町、 精米歩合:50%、 日本酒度:1、 酸度:1.5、 アルコール度:16%

純米吟醸 赤磐雄町 火入れ

純米吟醸 赤磐雄町 火入れ

原料米:赤磐雄町、 精米歩合:50%、 アルコール度:16%

写楽(寫樂)の酒蔵情報

名称 宮泉銘醸
特徴 宮泉酒造は、昭和30年に創業した、清酒「會津宮泉」「寫樂」、本格焼酎「玄武」を醸造する酒蔵だ。「會津宮泉」が元からあった銘柄で、「冩樂」は同じ会津若松市内にあった酒蔵が廃業する際に引き取った銘柄。普通酒メインの酒造りを続け、経営状態が思わしくない状態から転換したのは、現社長である4代目・宮森義弘氏が26歳で実家に戻ってから。 蔵元として経営だけを担うつもりで大人になった義弘氏だったが、蔵に戻る前に飲んだ廣木酒造本店「飛露喜」のおいしさに衝撃を忘れられず、やがて福島県清酒アカデミーで3年間勉強したのちに、2007年新ブランドとして「冩樂」の醸造を自らスタートした。2012年にはそれまで杜氏に任せていた「會津宮泉」も含めたすべての醸造も担うようになり、どちらも遜色ない一流のブランドとして生まれ変わり、日本酒愛好家の話題をさらった。 「全国新酒鑑評会」金賞受賞につづき、市販酒の実力を競う「SAKE COMPETITION」で2014年「冩樂」は、純米酒と純米吟醸酒の両部門で1位に輝いたことでさらなる脚光を浴びた。2018年には「會津宮泉」が純米酒部門で1位を獲得。ベルギーのブリュッセル国際コンクール「SAKEセレクション2018」で「會津宮泉 純米酒」が最高賞のトロフィー酒を獲得するなど、いまや世界が認める会津を代表する銘酒蔵である。(関 友美)
酒蔵
イラスト
写楽(寫樂)の酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 会津宮泉 写楽(寫樂) 宮泉鬼ごろし
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 福島県会津若松市東栄町8−7
地図