1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 新潟の日本酒   ≫  
  4. 加茂錦 (かもにしき)
加茂錦

加茂錦 (かもにしき)

酒蔵サイトへ

新潟 / 加茂錦酒造

4.07

レビュー数:714

酒どころ新潟の加茂市に明治26年創業。120年以上にわたり地元の銘酒として愛される一方で、2016年、彗星のようにデビューした新ブランドが大ブレイク。荷札を使ったインパクトのあるラベルデザインによる、その名も「荷札酒」の登場で、全国にその存在を知らしめるところとなった。造り手は弱冠25歳の次期蔵元、田中悠一さん。電子工学専攻の“理系男子”だったが、「獺祭」や「十四代」に出会って日本酒の味わいに開眼。一転して、酒造りの道を志すことに。 「荷札酒」シリーズは、精米歩合50%以下の純米大吟醸が基準モデル。新潟酒らしい清涼感、上品な吟醸香、淡麗な味わいを基調としつつ、米の甘み、酸の存在感も表現したモダンな酒質が持ち味だ。山田錦、五百万石、雄町、愛山などの原料米別のほか、タンク違い、濾過や火入れの有無による多彩なバージョンも。「SAKE CONPETITION」をはじめとする審査会でも入賞を果たすなど、ポテンシャルの高さと伸びしろに注目が集まる。(堀越典子)

加茂錦のクチコミ・評価

  • 高垣楓のファン

    加茂錦 荷札酒 月白 純米大吟醸
    期待の新潟、期待の加茂錦!
    開栓初日、説明書き通り淡麗で辛口 黄水仙とは全然違って驚きました
    2日目、ほんのり甘味が乗って更に飲みやすく
    3日目、新潟らしい水っぽさと酸味にほんのりの辛味で飲み切り
    説明書きの通りで自分の酒をよく分かってるなと感じたので★5です
    素人視点でもシンプルで飲みやすいし味わいを楽しめるなと感じた素敵なお酒でした
    ★5は滅多に出すつもりないんですが文句無しに★5です

    2020年2月16日

  • レッドソイル

    赤マル急上昇(死語)加茂錦の荒走りです

    一口飲んだ時は凡庸な流行り酒としか思えませんでした
    程々の甘い香り、程々の甘み、旨味、酸味、しつこすぎない余韻と、突出したところがない華やか酒なので

    杯を重ねていくにつれ、その突出しなさが強みなんだなと分かりました
    グイグイ飲める飲みやすさで気づけば二合飲んでました
    華やかすぎないので料理の邪魔もしませんし、これは良いです

    まあ食中酒適正が高いとまでは言えませんが、万人が飲みやすい美味しいお酒ですね
    いくらでも飲めそうです、おすすめ

    特定名称 純米大吟醸

    酒の種類 無濾過生原酒

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2020年2月15日

  • Freni

    賀茂錦酒造「純米吟醸 生詰原酒」

    中華その②。アラフォーはキラキラ弱いので、キンキラビニールラッピングにやられましたー!(上手く撮れなかったけれど)

    香りは爽やか吟醸香。含めば引っ掛かりのないお水の様に、サーっと喉元を通っていきます。そして最後はしっかりお米の存在を感じる。綺麗すぎて、パンチあるお料理には勿体無い気がして…

    特定名称 純米吟醸

    酒の種類 生酒 原酒

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2020年2月13日

  • nao

    nao

    4.5

    今年も飲みました荷札の雄町。
    相変わらず良い雄町の香りがします。
    フルーティな味でさらっと飲みやすい。
    今年も美味しいです‼︎
    2,3日目も味変わらず美味しく頂きました。

    2020年2月12日

  • Takuhiko

    甘さがあってその中に切れはあるが、やや重たいのでそれに流される感じ
    度数15の割には、ややアルコール臭が鼻につくので、ロックにしたり、炭酸で割ったり、または癖のない酒で割ると丁度よい。

    美味いのは美味いが、大吟醸故に野暮ったくなった気がする、

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 山田錦

    酒の種類 無濾過生原酒

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:甘い+1

    2020年2月10日

  • utsurofu

    賀茂錦純米大吟醸備前山田錦中汲み生原酒
    岡山県産備前山田錦100%40% 田中悠一
    賀茂錦酒造/新潟県新潟市秋葉区
    フレッシュ メロンから軽く酸そして甘味、旨味がたっぷりだが適度に酸と辛味でキレる 透明感のあるキレイさ 美味しい しばらく追いかけてみたい

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2020年2月8日

  • 務め人苦弊死

    加茂錦 月白

    ドメーヌソガ(ソガペールエフィスのワイン)を1時間で1本開けた状態(要するに酔ってるのであてにならん)から
    日本酒で追っかけます。
    淡麗辛口とのこと。ノーマル山田錦精米歩合40。

    ワイン飲んだあとだと日本酒の香りは薄く感じるけど
    たしかに細っそくフルーティな匂いがする。ジャスミンかな。

    味。精米歩合40の状態から淡麗にしたら味無さすぎてなんか勿体なく感じる。山田錦のふくよかな旨みが消えてる。
    辛口とは書かれてるけれど体感では日本酒度+4くらい。うーん。

    2020年2月7日

  • パパ

    さすが新潟の酒。
    甘い香り、スッキリした飲み味、爽やかな後味。
    これは女性にウケそうな日本酒な気がする
    ワイングラスで頂きたいですね

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 山田錦

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2020年2月6日

  • 長谷川 龍彦

    槽場汲みの味を覆す味わいでした
    この味で純米大吟醸酒であれば、新政さんのレクリュは
    削りの割合が、少ないのに綺麗でクリアーなのは凄いと
    思います 新潟市内で物販していないのは正直腹だたしいです
    淡麗辛口しか好まれないと決めつけるのはどうかと思います
    似たようなお酒はまだまだあると思いますので希少価値を
    つけるにはまだまだと思います

    酒の種類 無濾過生原酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年2月6日

  • No.6

    No.6

    4.5

    加茂錦 荷札酒 黄水仙 しぼりたて
    優しくキレイな酒
    柔らかな甘さで旨みを感じる
    雑味は少なく芳醇ですね
    夏酒よりも味がしっかりしていて美味い

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 雄町

    酒の種類 無濾過生原酒 発泡

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2020年2月1日

  • bigyoshi

    フレッシュな味わい。果実のような豊かな香り。

    特定名称 純米大吟醸

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年2月1日

  • Back6

    バナナ香。含んでもバナナ、少しぶどう。甘みが中心だけどガス感と少しな酸味でダラダラ感なく収束。最後に少し苦味が残ります。が、上澄みの感想です。裏ラベルによると試験醸造酒を多摩の小山商店さんで販売しているらしいです。
    その後、おりを絡めても印象は大きく変わらず美味しかったです!

    原料米 雄町80%、その他

    酒の種類 無濾過生原酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2020年1月25日

  • Toshy

    初荷札酒です。香りも良く含むとバランスの良い甘味旨み酸、後味苦味も少なく。軽くもなく重くもない程好い感、万人受けするだろうなと思いました。

    酒の種類 無濾過 原酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年1月25日

  • wajoryoshu

    加茂錦 荷札酒 黄水仙(きすいせん) 純米大吟醸 無濾過生原酒 
    製造から2か月以内の消費を推奨しており、開栓は1か月後なので少し落ち着いた感あり、でも生酒特有のピリ&フレッシュ感はある。最初、黄水仙なる酒米があるのかと思いきや、実際には雄町80%。1日目は生酒のフレッシュ感と13%と低アルコールのためかクリアな飲み口だが、2日目は雄町らしいコクと旨味を感じられるようになった。荷札酒、前回の初顔合わせではよりかなり印象は良くなった。

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 雄町

    酒の種類 無濾過生原酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2020年1月25日

  • pompom

    荷札酒 純米大吟醸 荒ばしり 無濾過生原酒。

    甘い。ワタアメのようだ。
    五百石だけど、わたあめのようだ。キレが悪い。
    輪郭がないので、味がぼやけてる。
    私は砂糖水が飲みたいのではない!日本酒が飲みたいんだ!
    教えて欲しい。これは何の食事に合うのだ?

    美味しい酒の部類に入るけど、クチコミが良すぎて期待値が高い状態から入るので、過剰評価すぎないか?って思ってしまう。
    この系統でいうなら、私は栄光冨士の方が好みです。

    製造から2ヶ月以内に飲みなさいって、十四代の真似?ラベルは斬新で、発想力豊か。

    酒の種類 無濾過生原酒

    2020年1月24日

  • 甘菓子

    備前雄町 純米大吟醸 無濾過生原酒
    パインのような香りと柔らかな旨味があり、後味のくどさもない加茂錦らしい素晴らしいバランスでした。とても美味しかったです。

    2020年1月22日

  • hiko99n

    越後らしい、と言えばそんな言い方も当てはまるかな。1甘にやや口先から感じるそこそこ強い酸味。淡麗で引きの良い呑み口。

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 五百万石

    酒の種類 無濾過

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2020年1月20日

  • ばぶるの卵

    加茂錦 「荷札酒」 槽垂れ おりからみ 無濾過生原酒 4.7
    これ、めっちゃ美味いわ!!
    口に含むと、まず苦味と辛味そして甘みと旨味へと移行。
    全体を乳酸系の優しい酸味が包んでいるのでとっても飲みやすい。
    苦味と辛みから入ってくるからか全然飽きないし、
    生酒らしくチリチリしててフレッシュでいいですねー!

    原料米 雄町

    酒の種類 無濾過生原酒

    2020年1月17日

  • Kazuki Kamanaka

    加茂錦 荷札坂 純米大吟醸 無濾過仲汲み。新酒だけあってフレッシュでピチピチしています。メロン風味の酸味のある最高の仕上がりです。いや〜感動ものです。美味しい酒です。これまで飲んだ加茂錦で一番美味しいです。2020.1.18自宅にて

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 五百万石

    酒の種類 無濾過 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2020年1月17日

  • 務め人苦弊死

    加茂錦

    安心と信頼と実績のブランド加茂錦。しかし苦手な雄町は微妙だったので安心と信頼と実績の山田錦で。
    精米40%で2000円。めちゃ安い。獺祭等外より凄い。

    香り、かなりしっかりしたスモモ系。さすが40%

    2週間前に飲んだ東条山田錦35%の黒龍八十八号を思い出しながらいただきます。

    オーソドックスかつプリミティブと書いてあるとおり、The山田錦という味わい。さっぱり綺麗な感じ。色々なコンセプトで醸してるのにそれぞれコンセプト通りにしっかり作れるのがこの蔵。やりますねぇ。
    が、黒龍八十八号に比べると後の抜けが悪い。よく言うと余韻がガッツリ残る。生酒だからかなぁ。あと、最後にやや渋み。八十八号の時はなかったはず。値段なりかな。悪くないけど。


    1合は密封保存して2月か3月に黒龍火いら寿と飲み比べるとする。

    2020年1月10日

加茂錦の銘柄一覧

銘柄
荷札酒 純米大吟醸 無濾過 月白

荷札酒 純米大吟醸 無濾過 月白

原料米:山田錦、 精米歩合:40%、 日本酒度:3、 アルコール度:15%

荷札酒 純米大吟醸 山田錦40

荷札酒 純米大吟醸 山田錦40

原料米:山田錦、 精米歩合:40%、 アルコール度:16%

荷札酒 純米大吟醸 無濾過生原酒

荷札酒 純米大吟醸 無濾過生原酒

原料米:山田錦、 精米歩合:50%、 アルコール度:15%

価格帯:1,738円 〜4,048円
荷札酒 槽場汲み 純米大吟醸 無濾過 仲汲み

荷札酒 槽場汲み 純米大吟醸 無濾過 仲汲み

原料米:山田錦、 精米歩合:50%、 アルコール度:15%

荷札酒 雄町 純米大吟醸 生

荷札酒 雄町 純米大吟醸 生

原料米:雄町、 精米歩合:50%、 アルコール度:15%

価格帯:2,068円 〜4,048円
大吟醸 米袋 無濾過

大吟醸 米袋 無濾過

原料米:山田錦、 精米歩合:50%、 アルコール度:15%

価格帯:1,528円
荷札酒 純米大吟醸 生原酒 紅桔梗

荷札酒 純米大吟醸 生原酒 紅桔梗

原料米:秋田酒こまち、 精米歩合:50%、 アルコール度:15%

荷札酒 純米大吟醸 黄水仙

荷札酒 純米大吟醸 黄水仙

原料米:山田錦、 精米歩合:50%、 日本酒度:2、 アルコール度:13%

価格帯:1,738円 〜3,388円
荷札酒 純米大吟醸 無濾過生原酒 愛山

荷札酒 純米大吟醸 無濾過生原酒 愛山

原料米:愛山、 精米歩合:50%、 アルコール度:15%

荷札酒 純米大吟醸 無濾過生原酒 八反錦

荷札酒 純米大吟醸 無濾過生原酒 八反錦

原料米:八反錦、 精米歩合:50%、 アルコール度:15%

純米吟醸 米袋 無濾過

純米吟醸 米袋 無濾過

原料米:五百万石、 精米歩合:60%、 アルコール度:15%

価格帯:1,191円 〜2,372円
吟醸 無濾過

吟醸 無濾過

精米歩合:60%、 日本酒度:1、 酸度:1.3、 アルコール度:15〜16%

価格帯:1,057円 〜1,893円

加茂錦の酒蔵情報

名称 加茂錦酒造
特徴 1893(明治26)年創業。新潟県加茂市で「加茂錦」という酒を醸してきた同蔵だが、現在製造蔵のみ同県新潟市内の元繊維工場だった場所に移転している。2016年、1992年生れの若き田中悠一氏が大学の籍はそのままに、実家である蔵に戻って自ら杜氏として醸造し、新しくリリースしたのが、ラベルに貨物の荷札を模した「荷札酒」シリーズだ。 山田錦、雄町、秋田こまち、五百万石、雄町、愛山などさまざまな米違い、タンク違いをラベルで表現し、それぞれの要因で味わいが変化することを伝えている。従来、醸造学を学ばずに酒造に携わる場合はまず独立行政法人酒類総合研究所が行なう酒類醸造講習で醸造の基礎を勉強するケースが多いが、田中氏はそれを経ずにほぼ独学ともいえる状態で醸造する。 「一度飲んだ酒の味わいは覚える」ので、そこから醸造の過程を想像するそうだ。こうした天才的なエピソードと、日本酒愛好家だけでなく、日本酒に苦手意識がある人にさえ受け入れられるバランス良い酒質が相まって、業界の話題をさらった。酒の味わいだけでなく、醸造の設備、工程、働き方改革も行ない、持続可能な酒づくりをめざす。田中氏の「とにかく日本酒が好きだ」という想いだけではない、冷静で鋭い物事の考察は今後も業界内に新しい風を吹き込むだろう。(関 友美)
酒蔵
イラスト
加茂錦の酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 加茂錦
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 新潟県加茂市仲町3−3
地図