1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 京都の日本酒   ≫  
  4. 澤屋まつもと (さわやまつもと)
澤屋まつもと

澤屋まつもと (さわやまつもと)

酒蔵サイトへ

京都 / 松本酒造

4.04

レビュー数:696

京都伏見の高瀬川沿いに立つ酒蔵は、「伏見の日本酒醸造関連遺産」として経済産業省の近代化産業遺産に認定された趣ある建物。現在蔵元を牽引するのは、ふたりの若き兄弟。弟で杜氏の松本日出彦さんは「醸し人久平次」の萬乗醸造で修業後、実家入り。看板商品である「澤屋まつもと 純米酒 守破離」は柑橘系の立ち香と、綺麗な酸と米の旨みを感じる一本。守破離とは伝統を守りながらも革新を取り入れるということ。刺身や白身魚の焼き物など、柚子やレモンを添える料理に合う。

澤屋まつもとのクチコミ・評価

  • YASU.SHIRA

    行きつけの酒屋で買えなくて残念でしたが、新規開拓した酒屋で売ってたので即購入。

    ほぼ氷温で飲んでも柔らかく香るクオリティ。
    スッキリとした酸を感じさせる切れ味、キリッと冷える温度では酸を感じせつつも若干の甘みでドライな味わいに。
    温度が落ち着くにつれて、微炭酸と共にしっかりした甘酸っぱさ。
    少ししつこさを感じたので、温めると酸味が際立ってくるので、その辺りは好みの範囲か。
    好みはキリッと冷やしてドライな感じかな。

    以下はとある販売店からの情報で正に良いとこ取り!
    今回のお酒には混醸と根性を掛け合わせたことや、一緒に頑張ろうというメッセージ性を込めて3種類のお米を同一タンクで1本のお酒に仕上げられました。 その3種類のお米とは、兵庫県東条産山田錦・岡山県赤磐産雄町・兵庫県東条産愛山。 どれも全国でもトップクラスのお米ばかり!

    テイスト 甘辛:甘い+1

    2020年7月9日

  • マイル丼

    軽いけど、後から喉の奥から甦る旨味と酸味。日本酒らしくない日本酒だけど、お洒落な間違いない日本酒。美発泡。酒米はブレンド。

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2020年7月6日

  • レッドソイル

    常温で以下略第二弾です

    明らかに香りに老ね香が混ざってる!
    森嶋はまだしもこれも影響を受けるとは…、トホホ
    まあそれ以外の味は非常に澤屋まつもとらしい淡麗さですね
    味の要素は非常にコンパクトなのに全く不満なく喉を通っていきますね
    薄い酒と淡麗な酒は似て非なるもんだと教えてくれますね
    勿論食事に合います

    老ね香は口径の小さいグラスを使うことでなんとかしました
    ひねちゃったのはこちらの責任なのでやはり評価は高いです

    特定名称 純米

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2020年6月30日

  • オキシドール

    守破離 混醸。「混醸」とは複数の品種を共に発酵させる醸造方法。赤磐産雄町39%・東条産愛山37%・東条産山田錦23%をブレンド。穏やかな香りとフレッシュな口当たり。奥行きのある旨味とキレのある酸が調和。

    特定名称 純米

    原料米 雄町 愛山 山田錦

    酒の種類 一回火入れ

    2020年6月24日

  • タマコン

    澤屋まつもと 守破離 山田錦 ★5.0
    720ml
    202005いただきもの

    香りは穏やか。
    口に含むと微発泡から優しい甘みとバランスの良い米の旨味により、口の中がとても華やかな味わいに。
    後味は上品な苦味により、余韻を残さない。
    香りが穏やかなので、料理にも合わせやすく、スイスイと杯が進む。

    飲むたびに思いますが、火入れてこの味、しかも2,000円を切るのは衝撃です。

    唯一惜しまれる点は、いつもすぐ飲み切るので開栓後の味わいの変化が分からないところでしょうか。
    そしてそれは、これからも変わらないと思います。

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 山田錦

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2020年6月23日

  • maxmorick

    守破離 ID592。

    味の方は全く問題なく、守破離らしいシュワ感のあるドライな口当たり。軽い甘さを伴った旨味と酸で整えられたいつもの味筋。ただ…この香りは何だ⁉︎ まるで納豆なんですけど!これがなかなかに強くて、杯を口に寄せる度に気になってしまいます。うーん、万が一にもスベリ麹なんてことは無いと思うし…まぁちょっと様子を見ましょう。

    3日目。
    口開けよりは弱まったものの、納豆のような糠床のような…鼻呼吸をせずに含んでしまえばちゃんと守破離なんだけどなぁ^^;

    6日目&8日目。
    結局最後までこの匂いが気になりました。味わいの方も時間と共に完成度の増す守破離らしいものではありません。穀物っぽさと言うかちょっと粉っぽいと言うか、守破離にしては洗練されていない旨味。酸もあるんだけどキラキラと綺麗なものではないし、お得意の「良い苦味」も効いていないです。深く考えずに飲んでしまえば普通に飲めるお酒ではありますが、私としては鉄板だと思っていた守破離なだけに、ガッカリ感がパネエ!です^^; 火入れ技術の高さは疑う余地の無いまつもとさんですが、今回のは珍しく生酒でした。まぁ何事にも絶対はないという教訓かな…いい経験に…うん、まぁ…はい。

    原料米 山田錦

    酒の種類 生酒

    2020年6月21日

  • まー

    澤屋まつもと 守破離 五百万石
    石ちゃんの酒旅第二弾。九平次さんの蔵で修行されたとのこと。発泡感強し。シュワっとスッキリさっぱり淡麗な味。飲みやすい。発泡感は日に日に少なくなっていくけど反面旨味が増していったような。初心者につきよくわからんがおいしくいただきました!

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2020年6月19日

  • 福助


    澤屋まつもと 守波離 混醸

    雄町、愛山、山田錦をブレンドして醸されたお酒。澤屋まつもとらしいきめ細かい発泡感と共に拡がる甘味と旨味。酸味や苦味は薄っすらと奥底に感じる程度で軽やか切れ味。火入れとは思えないフレッシュ感と癖のない口当たり。暑くなってきたからこういったお酒は、より美味しく感じます(^^)

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2020年6月19日

  • 天蓋に地坐し盃を

    澤屋まつもと 守破離(純米大吟醸) 山田錦

    初日、2日目と淡麗のまま味の変化がさほどないため、淡麗だと思う。
    淡麗なので、味のふくらみは感じられません。
    微炭酸ですっきりとした綺麗な酸味。

    これが「ラムネ感」というヤツでいいのかな。

    守破離とは・・・つい調べてしまう。あるある

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 山田錦

    テイスト ボディ:軽い+2 甘辛:辛い+1

    2020年6月18日

  • No.6

    No.6

    4.0

    澤屋まつもと 守破離 混釀
    微甘に弱い酸味、優しいがスッキリフルーティーで気持ちのいい口当たり
    その後すぐに軽い辛さに微炭酸の融合
    一瞬、風の森?とも思える味わい
    まろやかさはこちらの方があるかな?
    凄くバランスのいい酒だと思います、ごちそうさまでした。

    原料米 雄町 愛山 山田錦

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年6月18日

  • YASU.SHIRA

    澤屋まつもと 守破離 五百万石
    松本酒造 京都府京都市伏見区

    上品な香りに旨味を感じさせつつキレる味わい。
    良い感じの酸味がドライな味わいで美味しい。
    燗つけても旨味抜群で良い!最近酸味の効いた甘酸っぱいのが多かった事もあり、王道の旨さ。

    調べて知ったけど、桃の滴の醸造元とは…昔何度か試飲販売で買ってたけど全然気付かなかった。

    原料米 五百万石

    2020年6月17日

  • Yuji Suzumura

    澤屋まつもと守破離(SHUHARI)五百万石 ジメジメと暑い今日この頃。よ〜く冷えたこの1本!ほどよく「プチ」っとのガス感からサッパリと思いきやじわりと旨味が…。それを酸味が「シュ」っとキレていきます。この時期開けて正解でした!

    原料米 五百万石

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年6月17日

  • ひろし

    澤屋まつもと 守破離 雄町

    シュワ→少旨→少苦少渋

    スッキリ軽いが雄町の旨さもある

    温度上がるとまろやかになる

    五百万石と飲み比べ、雄町の方が好きですね

    おいしかったです。

    (6日目)シュワなくなり苦味↑、ビールっぽい感じ少しする

    原料米 雄町

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2020年6月15日

  • ひろし

    澤屋まつもと 守破離 五百万石

    シュワ→少酸→少少苦

    日本酒風炭酸水

    雑味なくスッキリ

    とても飲みやすい、コスパ抜群!

    温度上がると甘み↑、+少辛

    おいしかったです。

    (2日目)甘み↑、酸味↑、甘酸っぱくなっておいしくなった

    (6日目)シュワなくなりがらっと変わった、甘苦

    原料米 五百万石

    テイスト ボディ:軽い+2 甘辛:普通

    2020年6月15日

  • career

    澤屋まつもとのkokon。低アルコールが特徴。
    酸味が特徴的で、ドライでシャープな印象。五百万石に近いかな。

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2020年6月14日

  • k!k!z&kε

    澤屋まつもと 守破離 試験醸造 南砺五百万石 純米規格
    富山県城端南砺地域の五百万石です。この辺りはよく稲刈試験に行きました。今時期は田植えですね。
    味わいですが、酒蔵紹介は「通常のものよりシャープな旨味と洗練された味わい・・」、開栓すると穏やかな吟醸香と微炭酸の細かい泡、含むと辛口スッキリ系、この酒蔵は「料理を引き立てる食中酒を造ることが目標」と言われるが、パソコンなどで調べモノをしながらの単品ナガラ飲みも美味しい(笑)。

    バンクーバー在住の娘(カナダ人と結婚した)が先日誕生日だったのでLINEでお祝いと情報の交換をした。州によって状況は違うが、バンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア州は日本並みで比較的落ち着いているが、それでも先日まで2か月仕事ができなかったとのこと。東部の2州はアメリカ並みになっているらしい。添付の画像は2年前のダウンタウンです。
    1800ml 2,970円 (税込)

    2020年6月13日

  • ハイチュウ

    コスパに優れた酒

    特定名称 純米

    原料米 五百万石

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年6月11日

  • かぶかぶ

    今宵は澤屋まつもとの試験醸造を開栓。雄町39%、愛山37%、山田錦23%。合わせて99%?のブレンド酒◎
    火入れながら微発泡はまつもとらしさ。果実感もありお米感もあり、混沌とした味わいと感じるのは先入観か?(*´-`)
    風の森と比較すると、味わいの膨らみがない分シュッとした切れのよさ。飲みごたえは風の森に軍配ですが、まつもとは爽快な食中酒としてなかなかですね☆

    2020年6月10日

  • U-king

    澤屋まつもと 守破離 五百万石

    軽いけど軽すぎない、絶妙なトコ。やや微発泡でガス感も有り、楽しく呑める。嫌味な感じは一切無い。どんな食材にも優しく寄り添い引き立てることができる食中酒やと思います。そぅ言ったところでは『田中六五』なんかと似た立ち位置になるかなぁと。個人的な感想です。

    特定名称 純米

    原料米 五百万石

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2020年6月10日

  • おみち

    うわ〜い!久しぶりの澤屋まつもと!うま〜。
    しゅはり、すっきゃわ〜。って、守破離(しゅはり)ってなにー?!

    調べてみた。以下、コピペ。

    ・「守」=澤屋まつもとの伝統を守ること。
    ・「破」=守を破り、他で学んだことを実践すること。
    ・「離」=守と破を大切に、そこから離れて新境地を造る事。

    もともとは茶道、武道、芸術等における師弟関係のあり方や、その道を極める精神を表した言葉です。

    だ、そーです!

    2020年6月10日

澤屋まつもとの銘柄一覧

銘柄
Ultra

Ultra

原料米:山田錦、 精米歩合:40%、 アルコール度:16%

価格帯:3,465円 〜6,930円
守破離 山田錦

守破離 山田錦

原料米:山田錦、 精米歩合:50%、 アルコール度:15%

価格帯:1,800円 〜22,000円
守破離 朝日

守破離 朝日

原料米:朝日、 精米歩合:50%、 アルコール度:15%

価格帯:3,300円
守破離 雄町

守破離 雄町

原料米:雄町、 精米歩合:55%、 アルコール度:15%

価格帯:1,815円 〜3,630円
守破離 五百万石

守破離 五百万石

原料米:五百万石、 精米歩合:65%、 アルコール度:15%

価格帯:1,320円 〜2,970円
守破離 秋津地区山田錦 SAIDO

守破離 秋津地区山田錦 SAIDO

原料米:山田錦、 アルコール度:15%

価格帯:5,500円
守破離 秋津地区山田錦 Furuke

守破離 秋津地区山田錦 Furuke

原料米:山田錦、 アルコール度:16%

価格帯:5,500円
no title

no title

原料米:山田錦、 アルコール度:15%

価格帯:2,750円
Kocon

Kocon

原料米:山田錦、 アルコール度:13%

価格帯:1,980円

澤屋まつもとの酒蔵情報

名称 松本酒造
特徴 1791年(寛政3年)創業の松本酒造は、伏見の街の中、新高瀬川沿いに位置する歴史ある酒蔵だ。1922年(大正11年)築の本社酒造場は「近代化産業遺産」の認定を受けている。社長である松本保博氏の長男・圭輔氏が人事を、次男・日出彦氏が杜氏を担う。 日出彦氏は、東京農業大学で醸造学を学んだのち、愛知県の萬乗醸造で3年間の修業を経て、実家である酒蔵へと戻り「伝統を守り、新しい感性をもって、新境地を創造する」を企業理念に掲げ、次々と改革を起こしてきた。その代表作が「澤屋まつもと 守破離」だ。旧来「日本酒はどんな米からでも技術でつくる」という概念があったが、富山県南砺市産「五百万石」に出会い、技術だけでは表現しきれない原料由来の味わいがあると確信した。 以降、特A地区秋津のなかでも西戸村の山田錦を使用した『澤屋まつもと Saido』、「古家村」の山田錦を使用した「澤屋まつもと Furuke」、中東条岡本村で育った山田錦のなかでも田んぼごとのIDナンバーを記した「澤屋まつもと 守破離 IDシリーズ」など、細かな米の産地にこだわり続けている。(関 友美)
酒蔵
イラスト
澤屋まつもとの酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 桃の滴 日出盛 澤屋まつもと 出雲千代鶴 RISSIMO 如庵(JOAN) 呑足味知
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 京都府京都市伏見区横大路三栖大黒町7
地図