1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 富山の日本酒   ≫  
  4. 羽根屋 (はねや)
羽根屋

羽根屋 (はねや)

酒蔵サイトへ

富山 / 富美菊酒造

3.92

レビュー数:312

全ての酒を大吟醸と同じ手間をかけて造る蔵元。立山をはじめとする富山の山々から豊富に湧き出る伏流水で酒を醸している。全国市場向けブランドの「羽根屋」は、中取りのみとし、綺麗な香りが特徴の端麗辛口ながら、旨みのある酒。酒米はほぼ富山県産だが、品種は問わず、酒造技術により、その質を安定させている。2015年9月から11月の日本酒としてJALファーストクラスラウンジに採用された「羽根屋 純米大吟醸50 翼」はふわりとしたやさしい口当たりとフルーティな味わい。

羽根屋のクチコミ・評価

  • koume

    羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒
    720ml ¥1,680

    新大阪駅スタンドふじで初めて飲んだ羽根屋
    それからずっと好きです。
    文句なしに美味いただそれだけです。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 五百万石

    酒の種類 生酒 原酒

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2020年2月8日

  • 務め人苦弊死

    勝駒が売ってたので、一緒に買ってみた
    平日のこんな時間(16時)に飲む背徳感がアテ。
    とはいえ
    明日の仕事量を恐れつつ開栓。

    純米大吟醸50 翼

    香り。瓶口から香はヘビー系の濃さ。戦々恐々。が
    注いでみるとふるーちーなかんじ。

    味。意外とフレッシュな柑橘系。ピチピチ。なかなかの硬水かな?ミネラルを感じる。一応途中でお米感は見せてる。後味の引き具合は優れてる。造りは結構いい線いってるのでは。(何様)


    1時間かからずにさらっと1本(720ml)飲みきってしまった。実はもっと高レベル??
    勝駒が楽しみになってきた。



    また育つから

    2020年2月4日

  • ニクアン

    羽根屋 純吟 煌火 生原酒
    ほとばしる美味しさをそのまま詰め込んだ生原酒
    ちょっと辛口ですね

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:辛い+1

    2020年2月2日

  • utsurofu

    羽根屋 純吟 煌火 瓶燗火入れ
    富山県産五百万石100%60%16-17 度 羽根敬喜
    富美菊酒造・富山市百塚
    一回火入れヴァージョン、これ売ってる? 一回火入れで生っぽいけどサラッとしてありキレイで上品な甘味、旨味から酸広がってが優しい辛味渋味で柔らかくスッとキレる。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 五百万石

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2020年2月2日

  • utsurofu

    羽根屋 純吟 煌火 生原酒 寒仕込み
    富山県産五百万石100%60%16-17 度 羽根敬喜
    富美菊酒造・富山市百塚
    フレッシュ、キレイで上品な甘味、原酒でそれなりのボディを感じるが優しい辛味渋味で柔らかくスッとキレる。よくできてる。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 五百万石

    酒の種類 生酒 原酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2020年2月2日

  • w_katsura

    羽根屋 純吟 煌火(きらび) 生原酒

    フルーティな酸味と甘さがあって、搾りたて生酒らしくとてもフレッシュ。苦味は殆どなく、スッとキレる綺麗なお酒ですが、原酒らしい濃さで飲みごたえもありました。裏ラベルより「心に染みるように優しいお酒」とのこと。

    特定名称 純米吟醸

    酒の種類 生酒 原酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2020年1月27日

  • KATSUYUKI

    羽根屋 純吟 煌火 〜きらび〜 生原酒

    「夜空を彩る花火の艶やかな煌めきのようでいて、海のように優しく包む。心に染みるように優しいお酒です。」

    と、裏ラベル

    そんな素敵な一文
    私は半世紀考えてもそんな言葉は出てこない(笑)

    写真の看板「熊 出没注意」と、この日本酒、関連性ないだろ!とは、言い切れないんですねぇ。
    なぜなら、羽根屋は富山県。
    富山県では2018年4月〜2019年3月までのツキノワグマ出没件数は140件で、人身事故は2件 ※環境省集計

    そして我が北海道ではヒグマの目撃件数、被害件数が近年軒並みなんです。

    あ、本題に入ります(笑)

    この日、いい撮影スポットないかなぁと近隣地区の山を上がって行くと、たまたまこの看板があったので…つい

    看板はめっちゃ雪に埋もれ倒れかけ「熊」の字の「ム」と「ヒ」が、うっすら見える程度でしたが、手で雪をホジホジ掻いてここまで看板を出しました!さみ〜よ〜(笑)なぜそこまでしてやるのか?(笑)

    北海道のお土産で、熊出没注意ラーメンや熊出没注意ステッカー、熊出没注意キーホルダーなどなど、熊出没注意グッズが多数あるのですが、この写真の看板は…

    リアルガチです。

    グッズじゃありません。
    「ガチで熊に喰われるゾ早くココを立ち去れコノヤロー」看板です(笑)

    こんなことなら北海道高砂酒造の
    「えぞ乃熊」
    という日本酒と撮影したかった!

    真面目な話し、この日、えぞ乃熊を買うか悩んで、結局やめて違う日本酒を買った帰り道だったんです。マジで。

    で、買ったのが、この羽根屋でしたぁ!

    コレは、コレは、おいっ しいですねぇ!
    香り、甘味、酸味、旨味、苦味、どれも上品というかとても綺麗なフルーティな日本酒ですね。
    苦味がまさにグレープフルーツのソレ。
    美味しいお酒です。ほんとに。
    買って良かった。

    この「煌火」は、日本酒の新しい時代の為の灯火になるように…と、そんな願いを込めて命名されたんですって。へぇぇ…。

    そんな煌火と「モンブラン」「プリンパイ」「熊さんフィナンシェ」「熊が大好きフルーツ盛り合わせ」で乾杯。

    このケーキ屋さんは、熊さんがデザインされたお店なんですよ。
    ケーキにも熊さんのラベルが乗ってます。

    そして「熊出没注意ラーメン」見つけたので、つい買っちゃった!

    ※ hayaさんのレビューのパクリ撮影もありまーす(笑)

    2020年1月26日

  • tats

    tats

    4.5

    富山出張時に購入。勝駒に継ぐ富山では有名な銘柄。
    正直、かなりうまい。華やかで、上品な酸味。生酒なので炭酸感もありで、はやりのテイスト。うまい。

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+2

    2020年1月20日

  • もずく

    富美菊酒造 羽根屋 純米吟醸 煌火 生原酒

    精米歩合:60%
    アルコール度数:16~17度

    名前に釣られて頼んだお酒。
    美味しかった。

    というか自分は生原酒が好きなのかもしれない。


    「夜空を彩る花火の艶やかな煌めきのようでいて、海のように優しく包み込む。」
    裏パッケージより

    特定名称 吟醸

    酒の種類 生酒 原酒

    2020年1月19日

  • utsurofu

    羽根屋純米吟醸プリズム究極しぼりたてHologram Label
    富山県産五百万石100%60%16度
    無濾過生原酒純吟槽場直汲み
    上立ち かるくメロン
    含んでフレッシュ微発泡。キレイで若々しい透明感から今時のジューシーな感じと思ったら、甘過ぎず、酸味が上がってきて、そこからいい感じに苦味でキレる。良いバランス。好みかと言われると少し違うが複雑で美味しい。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 五百万石

    酒の種類 無濾過生原酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2020年1月18日

  • Ryouma Itpu

    カプロン酸系の香りが独特でちょっと強い。
    好きな人は好きなのだが量は飲めないか

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2020年1月16日

  • ヒロぽん

    投稿忘れシリーズ 記録だけなので評価なし

    羽根屋 特別純米 うすにごり

    《家飲み》

    特定名称 特別純米

    2020年1月12日

  • satringer

    かなり甘め。でもスッと収まってさっぱり飲めるところは流石羽根屋。やっぱり旨いです。

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2020年1月1日

  • ☆Shige☆

    富山県 富美菊酒造さんの純米吟醸 生原酒 「羽根屋 煌火」

    今年の飲み納めは最も印象が強かった羽根屋をチョイスしました。
    来年もおひとつよろしくお願い致します

    富山県産 五百万石100% 精米60%

    ではいただきますε-(´∀`; )
    良い香りですねぇ。
    カッと一瞬辛味の酸味。
    甘味タップリの華やかなマスカット香

    のんべんだらりとダラダラグビグビいけちゃいますねぇ〜
    安定の超旨いですね(^^)

    それでは酔いお年をお迎えください‼️

    特定名称 純米吟醸

    原料米 五百万石

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2019年12月31日

  • kenkoudai3000

    羽根屋 純米大吟醸 越中富の香

    甘旨系だがスッキリ。
    キレはよいが、旨いやつだけしばらく口の中に残ります。

    720で2182円と税。

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 富の香

    酒の種類 生酒

    2019年12月30日

  • 麺魔

    羽根屋 純米吟醸 プリズム 究極しぼりたて ホログラム
    少しガス感があります。旨味たっぷりで華やかな味わい、後味は少し辛さが抜けていきます。美味しく頂きます(^^)

    特定名称 純米吟醸

    酒の種類 無濾過生原酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2019年12月25日

  • utsurofu

    羽根屋 純米吟醸 CLASSIC
    100% 60% 16度
    羽根敬喜

    スッキリ辛口の純米吟醸。ほんのり旨味甘味バランスの良い入りから吟醸感のメロンの上品な甘味を感じてから、苦味旨味そこから渋味がのってキレたと思ったら渋味苦味が薄っすら舌に残る。

    特定名称 純米吟醸

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2019年12月22日

  • マイル丼

    軽くて辛め。精米度合いが異なる酒米のブレンド。

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2019年12月22日

  • Yasuda Keiichi

    究極しぼりたて 美味しかったですよ!

    2019年12月14日

  • koume

    香りは抑えめかな
    口に含むと甘ああいでもめちゃくちゃスッキリでスルスルいけてヤバかった(笑)

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 五百万石

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+2

    2019年12月11日

羽根屋の銘柄一覧

銘柄
大吟醸 袋吊り斗瓶囲い

大吟醸 袋吊り斗瓶囲い

原料米:山田錦、 精米歩合:40%、 日本酒度:5、 酸度:1.3、 アルコール度:16〜17%

価格帯:12,731円
大吟醸 山田錦40

大吟醸 山田錦40

原料米:山田錦、 精米歩合:40%、 アルコール度:16〜17%

純米大吟醸50

純米大吟醸50

原料米:五百万石、 精米歩合:50%、 アルコール度:15%

純米大吟醸 山田錦50

純米大吟醸 山田錦50

原料米:山田錦、 精米歩合:50%、 日本酒度:3、 酸度:1.4、 アルコール度:16%

純吟 煌火

純吟 煌火

原料米:五百万石、 精米歩合:60%、 アルコール度:16〜17%

価格帯:1,681円 〜3,300円
特別純米酒 瓶燗火入れ

特別純米酒 瓶燗火入れ

原料米:五百万石、 精米歩合:60%、 日本酒度:3、 アルコール度:15%

純吟プリズム

純吟プリズム

原料米:五百万石、 精米歩合:60%、 アルコール度:16%

純米吟醸 富の香

純米吟醸 富の香

原料米:富の香、 精米歩合:60%、 アルコール度:16%

特吟 Special Blend

特吟 Special Blend

原料米:山田錦、 精米歩合:60%、 アルコール度:16%

純米吟醸 CLASSIC

純米吟醸 CLASSIC

原料米:雄山錦、 精米歩合:60%、 酸度:1.3、 アルコール度:16%

純米吟醸 ひやおろし

純米吟醸 ひやおろし

原料米:五百万石、 精米歩合:60%、 日本酒度:5、 酸度:1.4、 アルコール度:15%

羽根屋の酒蔵情報

名称 富美菊酒造
特徴 標高3000mクラスの立山連峰から、たった30kmで天然の生簀、富山湾へ。平均斜度10%の急勾配を雪解け水が流れ下る富山平野。一級河川が5水系もあり、水質の良い水が潤沢に流れる。立山連峰から富山平野まで、冬場の降雪が非常に多く、低い気温は寒造りに最高の環境となり、きれいな酒質を生む。 富山平野の真ん中を貫く神通川沿いにで、少人数の酒造りを続けているのが、「羽根屋」富美菊酒造。1916(大正5)年の創業で、先ごろ創業100年を迎えた。四季醸造を行なっている。すべての酒造りで、大吟醸と同じだけ手間をかけるのがモットーだ。 また、酒造技術は酒米の種類を超えられると、酒米に依存した製品ラインナップ構築という安易な製品設計をせず、酒の味わいで選ばれる酒をめざす。だが、最近は特別な酒米、「越中山田錦」をうたった酒も醸している。東京農大卒の蔵元杜氏の技にも磨きがかかってきた。創業時、菩提寺住職が命名した「富美菊」の「菊のように香しく、美しい富山の代表酒たれ」との意を汲み、富山を代表する酒をめざして、日夜切磋琢磨している。
酒蔵
イラスト
羽根屋の酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 富美菊 羽根屋 銀嶺雷鳥
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 富山県富山市百塚134−3
地図