1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 山形の日本酒   ≫  
  4. 百光 (びゃっこう)
百光

百光のクチコミ・評価

  • Kenji Iwasaki

    百光 2020 Formula(楯の川酒造:山形)
    山田錦
    精米歩合18
    アルコール度数15.3
    日本酒度-2.0
    酸度1.2
    アミノ酸度0.7
    酵母
    
    百光のFormula。
    ノーマル百光とどう違うか。
    こちらは山田錦なのか。
    
    (開栓直後)
    香 :穏★★⭐⭐⭐華
    味 :淡★★⭐⭐⭐濃
    甘辛:甘★★⭐⭐⭐辛
    軽重:軽★⭐⭐⭐⭐重
    少し青草っぽい香り
    淡麗やや甘口
    
    口に含んだときの感覚:
    甘味★★⭐⭐⭐
    旨味★★⭐⭐⭐
    酸味★⭐⭐⭐⭐
    苦味⭐⭐⭐⭐⭐
    渋味⭐⭐⭐⭐⭐
    刺激⭐⭐⭐⭐⭐
    綺麗で透明感のある甘味と旨味。
    山田錦な存在感。
    
    飲み込んだ後の余韻:
    甘味★★⭐⭐⭐
    旨味★★⭐⭐⭐
    酸味★⭐⭐⭐⭐
    苦味★⭐⭐⭐⭐
    渋味⭐⭐⭐⭐⭐
    刺激⭐⭐⭐⭐⭐
    ほんのり苦味。
    引っ掛かりなく綺麗な余韻。
    
    で、結局どうなのよ?
    透明感と存在感。
    口当たりはまろやかで滑らか。
    クリアな甘味旨味酸味苦味。
    入りは淡い感じだったけど、そんなことはなくしっかりとした存在感。
    クリアでしっかり旨い。

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 山田錦

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:軽い+2 甘辛:普通

    2020年7月5日

  • Kenji Iwasaki

    百光(楯の川酒造:山形)
    出羽燦々
    精米歩合18
    アルコール度数15.5
    日本酒度-2.0
    酸度1.3
    アミノ酸度0.7
    酵母
    
    前から気になってた百光。
    やっと開栓。
    
    (開栓直後)
    香 :穏★★⭐⭐⭐華
    味 :淡★★⭐⭐⭐濃
    甘辛:甘★★⭐⭐⭐辛
    軽重:軽★⭐⭐⭐⭐重
    淡麗やや甘口
    
    口に含んだときの感覚:
    甘味★★⭐⭐⭐
    旨味★★⭐⭐⭐
    酸味★⭐⭐⭐⭐
    苦味⭐⭐⭐⭐⭐
    渋味⭐⭐⭐⭐⭐
    刺激⭐⭐⭐⭐⭐
    綺麗で透明感のある甘味と旨味。
    
    飲み込んだ後の余韻:
    甘味★★⭐⭐⭐
    旨味★★⭐⭐⭐
    酸味⭐⭐⭐⭐⭐
    苦味⭐⭐⭐⭐⭐
    渋味⭐⭐⭐⭐⭐
    刺激⭐⭐⭐⭐⭐
    嫌な引っ掛かりなく心地好い余韻。さらりさらり。
    
    で、結局どうなのよ?
    透明感。
    最初から最後まで綺麗にさらさら流れていく。
    これが、SAKE100が目指す上質。
    たしかに、これは上質。

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 出羽燦々

    テイスト ボディ:軽い+2 甘辛:普通

    2020年7月5日

  • スーパーポジティブ鼠

    百光-BYAKKO-
    720ml 16,800円
    楯の川酒造が醸すSAKE100「百光」
    皆さんご存知ですか?

    「百光」は山形県の出羽燦々を精米歩合18%まで丁寧に磨き、『100年先まで日本酒の世界を照らす光であれ』という思いを込めて醸されたお酒です。

    桁間違いではございません。
    1,680円でも168,000円でもないんです。
    今ならお値打ち16,800円!?
    お金持ちにはお値打ちやから?
    もう売切れなんやってね…苦笑

    何かこぞってベタ褒め評価してる人たちがステマなのか関係者なのかは分からん…
    でもこの前、SAKE100の記事を読んだときに何故かsympathyを感じてしまい…
    「何事も経験や!いっぺん最高峰呑んでやるか!」
    と果敢にも『百光 2020 Formula』を予約した鼠でしたが…

    この度、こちらの百光が突如舞い降りてきました!
    (知ってたら予約せんかったのに…)
    価値を分かってない父鼠が贈答を受けたそうな…
    それを譲り受けた子鼠
    もしかしたら今一番もらって嬉しいお酒かもしれない!
    父から貰う父の日のプレゼント♪

    1合4,200円…
    2合8,400円…
    今日はおフザケなしで真剣にレビューしますね笑

    "日本酒は安すぎる"
    "日本酒の価値はもっと評価されるべき"
    確かにそうなんです。
    高くなったら困るけど常日頃思っています。
    ウイスキー好きは響21年が3万円でも安いと言って買う…
    それは投資だよと言ってしまえばそれまでですが、最高峰の日本酒にもやっぱりそれなりのお値段がついて欲しい!
    日本酒の最高峰って何?って考えたときに思いつくのはやはり高精白。
    最高峰の米を削れるだけ削ったお酒。
    その贅沢なお酒の中に"未だかつてない香りや味わい"が感じられるのであれば16,800円は決して高くないんじゃないかと思います。
    まあ、この領域は「神々に許された遊び」の世界なんですがね…
    今宵は神の御加護を受けれるのか。
    いざ、チャレンジ!
    香りを愉しむお酒のバズやから
    ワイングラスandアラングラスで!

    香りは実に華やか
    コレこそ香りがピョンピョン飛び跳ねてますね〜
    嗅ぐたびに違う香りが来て楽しいです♪
    大吟醸にありがちな単一的な吟醸香ではなく
    白桃、洋梨、マスカットのフルーティと花のフローラルが立体的に合わさった重厚やけど軽快な香り
    チョコやイチゴやアプリコットもありますね。
    あとやっぱりベビードールも!!
    磨けば出てくるのかベビードール笑

    含むとこちらも立体感を感じる味わい
    うーん、確かにエレガントというかクリスタル!
    ちなみにガスはありません。
    が、甘味旨味酸味一つ一つがどこまでも上品に混ざり合う〜
    何かが突出してる訳ではないけどそれぞれが順番に主張してくる!
    高級料亭の日本料理に舌鼓を打つアノ感覚。
    ずっと含んでたいですね〜♪
    そしてアルコール感は伴わない深く長い余韻。。。

    正直コレは単体で味わないと
    料理に邪魔されますね…
    燗も良さが消されて勿体無いからやる必要なしです。

    コレが何十時間も精米することによってしか出せない香り味わいなんやったら高くても仕方ないのかもしれない…

    単一的な味わいではなく
    ブレンデッドウイスキーのような複雑味のある奥行き。
    きっとブラインドで呑んでもコレはハズさないと思います!

    方向性は楯野川の純大やけど薄さや物足りなさは感じません。
    恐ろしく研ぎ澄まされた清流ってとこでしょうか♪

    「日本酒の向こう側」
    を垣間見た気がしますね

    なんてね!
    伝わりました〜??
    はぁ、真面目に書くストレス半端ねぇ

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 出羽燦々

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2020年6月8日

  • shiro-neko-san

    SAKE100『百光』

    お祝い事があった際、口にする機会に恵まれました。

    SAKE100のラインナップは、以前に『深豊』を飲む機会がありましたが、百光は全くコンセプトが異なる日本酒です。

    日本酒の"最上質"を目指して、全量大吟醸蔵というギラギラの個性をもつ「楯の川酒造」と SAKE100が共同開発しています。精米歩合はなんと18%という超高精白。

    香りはよく熟した瑞々しい果物の香り。洋梨っぽさを感じます。非常に上品。この時点でかなり期待感が高まります。飲むにはワイングラスが必須でしょう。口当たりは驚くほど柔らかく優しい。高精白特有の雑味のない美しい透明感があります。同時に、予想に反して、しっかりとしたフルーティな甘味と旨味が感じられました。「あれ?高精白のイメージと違う」と驚きつつ、まるで白桃のような豊かな甘味を味わいました。最後は、ほのかな酸味と苦味がすーっと余韻とともに伸びていく。幸せな余韻でした。

    高精白のお酒に対して持っていた固定観念を、驚きと感動とともに見事に覆してくれました。技術力の高さ故になせるのでしょうか?素晴らしい仕上がりです。

    ペアリングは、圧倒的に洋食が合わせやすいと思います。桃や洋梨のようなまったりした甘みのあるフルーツにはシンプルに合うでしょう。さっぱりした魚介類、鶏肉や豚肉のような血の気の少ないお肉に、自然な酸味と甘みのあるフルーツソースをかけたもののも間違いなく合うと思います。

    個人的には美味しいレストランのカルパッチョと合わせて飲みたいですが、百光をおいてあるお店を知らない。。。

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 出羽燦々

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2019年10月17日

  • Louise

    とっても美味しい!さすが「上質を極めた至高の1本」。華やかで甘やかな香りがふわっと漂い、上品で繊細な味わい。エレガント。幸せな気分になるお酒
    【外観】綺麗でクリアな外観。透明
    【香り】桃のような熟したフルーツの香り。華やかで上品。ワイングラスで飲むとふわっと漂い、期待感を高めてくれる
    【味わい】上品な甘やかさ。18%精米らしい繊細さの中に、18%とは思えないほどのリッチな旨味がのって、とても贅沢な気分にしてくれる
    【余韻】贅沢な余韻が永くつづき、幸せな気分に浸れる

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 出羽燦々

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+2

    2019年10月4日

百光の酒蔵情報

名称 楯の川酒造
酒蔵
イラスト
百光の酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 楯野川 Nature-H(ナチュルフ) たてにゃん 百光 無我
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 山形県酒田市 山楯27
地図