1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 秋田の日本酒   ≫  
  4. hm55 (えいちえむ55)
hm55

hm55 (えいちえむ55)

酒蔵サイトへ

秋田 / 両関酒造

3.85

レビュー数:51

両関酒造は1874年(明治7)年に創業。まだ灘や伏見など西日本の日本酒が全国的にブランド力を誇っていた1907(明治40)年に、現在の全国新酒鑑評会の前進的な存在だった全国清酒品評会で、当時は無名の銘柄だったのにも関わらず一等賞を受賞。その後、秋田の大衆銘柄として、全国的に長く知られる存在になるのですが、ここ数年は既存の酒質にはなかった新しいラインナップをうち出してきています。 かの有名な「十四代」の蔵元杜氏である高木顕統さんに意見を仰いだという「花邑(はなむら)」や「翠玉(すいぎょく)」など可憐な吟醸香が特徴の酒のほか、「hm55」もその系統に連なったプロトタイプのひとつ。秋田県産の美山錦を使用し、クリスタル系の透明感があるタッチで、口に広がるふくよかな甘みがあり、ひとくちでも満足感がある味わいです。これまでの「両関」のイメージを一新する酒質で、従来の酒も造りつつ、大衆酒からのイメージ脱却を試みた結果、再びこの酒蔵の酒が日本酒ファンから注目されています。

hm55のクチコミ・評価

  • kunihi

    kunihi

    3.5

    純米吟醸 生 美郷錦 Act VII

    2021年9月15日

  • 佐藤 健一

    佐藤 健一

    4.0

    花邑と同じように飲みやすい

    特定名称 純米吟醸

    原料米 美郷錦

    酒の種類 生酒

    テイスト 甘辛:甘い+1

    2021年7月10日

  • 青柳

    青柳

    3.5

    hm50 純米吟醸 生 美郷錦 ActⅦ 日本酒度:+2.4

    特定名称 純米吟醸

    原料米 美郷錦

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2021年6月6日

  • スズ生酛

    スズ生酛

    4.0

    純米吟醸 生酒 美郷錦 ActⅦ

    久々に花邑系。ノーマルの花邑より甘すぎずキリッとしまってて良い(≧∇≦)
    プロトタイプなんだけど、そろそろレギュラー化
    してもらいたいなd(≧▽≦*)

    2021年4月27日

  • sagi

    sagi

    3.5

    hm50 純米吟醸 生 美郷錦

    花邑のプロトタイプ 気付けば第七段でした
    芳醇旨口の甘旨酒の花邑を辛口に醸したそうです
    気になってたので早速頂きました

    芳醇な香りは花邑と変わらず
    口当たりは従来とは違い甘さ控えめで、円やかでスッと入る
    明らかに旨口花邑を感じる味
    後から苦味が来てじわじわ辛味きます
    この味だと食中もいけます(^^) 美味しい

    単体でだらだら飲んでると後味の苦渋辛味が結構気になる
    旨口で美味しいのは間違いないが、甘口酒が好きな人には微妙かも

    雪の芽舎さんは暫く寝かせてから飲むみたいなので熟成後どうなるのか気になる(^.^)

    ずっと前から思ってて 今まで何度も酒屋にもここでも言ってるが、四合瓶販売してくれ━━━\(^o^)/━━━

    特定名称 純米吟醸

    原料米 美郷錦

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2021年4月22日

  • 雪の芽舎

    雪の芽舎

    両関酒造 純米吟醸 hm50 ActⅦ 美郷錦 生酒
    酒米 美郷錦
    日本酒度 +2.4
    精米歩合 50%
    alc 15度

    今日、花邑の酒未来 生酒が入荷予定と風の噂で聞きまして今日が休みだと言うタイミングもあり、酒屋さんにいざ乗り込みましたが、何故か購入したのはこちらになりましたというオチでした。
    hm50なのにhm55に投稿するのもおかしい感じですが、めんどくさいのでこちらで挙げました。
    こちらの1本は秋田県内が発売が早いのか県外も一緒なのか不明ですが、花邑の酒未来の生酒と同時発売との事でした。
    ただ、流通数が少ない(!)という酒屋さんの説明と花邑試験醸造酒初の辛口仕様という2重の謳い文句に敗北してしまい酒未来はお預けとなった次第でした。(笑)
    2本買いたいけど、お一人様1本なので泣く泣くの判断となりました。
    数字だけの日本酒度だけでは、はっきりと辛口なのかとは分かりませんが、初めて+になっているのを見ると何故かワクワクします。
    (酸味のバランスやキレも気になります)
    こちらの価格は一升瓶のみの税込で3,740円になります。
    私と同じ気持ちの方はぜひご購入下さい。
    そして、感想を聞かせて欲しいです。
    私が飲むのは先になりそうですので。
    冷蔵庫の空き状況が憎いデス。
    縦置き出来れば飲めるのに。
    悲しい・・。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 美郷錦

    酒の種類 生酒

    2021年4月20日

  • ふゎゎ

    ふゎゎ

    純米酒 生
    美山錦


    蔵元さんからの引用
    hmシリーズ第6作。花邑純米生の醸造法にならい、原料米を秋田県産美山錦にて試験醸造致しました。美山錦由来のコクと花邑のイメージに沿った、芳醇な旨みを感じる限定酒となっております。
    hmとは、花邑の略で、花邑ブランドで出すのではなく、ラベルをhmで出荷し、味わい・香りなどで、花邑ブランドに相応しいかお客様の評価を確認することで、来季に花邑ブランドを目指す意味合いのお酒です。

    お店のかたからのオススメで、飲み比べです。

    花邑、家で飲みたいなぁ・・・

    2021年2月9日

  • きゆつか

    きゆつか

    4.0

    川口市本町通りにある白鳥酒店さんで購入。
    令和2年の夏に呑んだので曖昧な記憶だけど、呑んだ感想を、書きと止めたい思います。
     花邑らしい、華やかさと甘さがあり、飲み込んだあとの美山錦由来の苦みも上手く抑え込まれていて、旨み甘み苦みのバランスがとても良かったと思います。
     10日以上掛けて飲みましたが、甘ダレすることも無く、
    おいしくいただけました。
     追伸、サケタイムさんを介して、日本酒が好きな皆様と繋がれてとても嬉しく思います。
     又、拙い感想しか書けない私に、いいねを下さる皆様と、フォローして下る皆様に、感謝申しあげます。
     堅苦しい文章ですが、これからも少しずつですが、投稿していこうと思いますので、よろしくお願いします。

     



    特定名称 純米

    原料米 美山錦

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+2

    2021年1月31日

  • バカボンボン

    バカボンボン

    3.5

    両関酒造 hm55 純米酒 生 美山錦 Act Ⅵ
    やっと抜栓の順番が回ってきました。
    今宵は、自家製鮎の甘露煮、鶏天、あすぱら菜花かせの炒めをあてにいただきました。
    香りは控えめでしたが花邑らしい甘さがきたあとに喉元通ると最後に苦味が感じられました。美味しくいただきました。個人的に美山錦が好きだからか陸羽田よりも好みでした。花邑シリーズに登場することを楽しみにしています。

    特定名称 純米

    原料米 美山錦

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:甘い+1

    2020年11月13日

  • tam

    tam

    4.0

    hm55 純米酒 美山錦 生

    華やかですね~ 味わいは少し薄いですが。
    旨いです。

    前回の花邑美郷錦が残念だったので、派手なのを期待しましたが、正解でした。

    特定名称 純米

    原料米 美山錦

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2020年11月6日

hm55の酒蔵情報

名称 両関酒造
特徴 1913(大正2)年に行なわれた「全国清酒品評会」(明治末期から戦前にかけて、全国の酒蔵から2000点以上の酒が出品され競われたコンクール)で、「両関」が第3位に入賞。京都以東の蔵では初となる快挙であった。以後秋田の酒は全国から注目を集めるようになり、銘醸地としての評価を確立する。近代以降の秋田酒の歴史は、「両関」から始まったといっても過言ではない。  当時から継承される「長期低温発酵」は、いわば今日へと続く吟醸造りの基盤をなすものであり、技術面でも常に秋田酒をリードしてきた。代々外部から杜氏を招聘するのではなく、自社で杜氏を育成し造りを指揮してきたところも、高い技術力を維持してきた理由である。  ふくよかで落ち着いた味わいを誇る「両関」銘柄のほか、「花邑(はなむら)」という別ブランドを立ち上げ、こちらは「十四代」とのコラボで誕生したフレッシュな風味で話題を呼んでいる。登録有形文化財にも指定されている美しい蔵のたたずまいは、県内きっての酒どころである、湯沢の象徴的存在だ。(松崎晴雄)
酒蔵
イラスト
hm55の酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 両関 雪月花 翠玉 花邑 銀紋 hm55 霧時雨 Rz55 青時雨 蒼玉 初時雨 H×R Fusion Extra edition FLAME OF SKULL Rz50
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 秋田県湯沢市前森4丁目3−18
地図