1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 青森の日本酒   ≫  
  4. 喜久泉 (きくいずみ)
喜久泉

喜久泉のクチコミ・評価

  • ぬー

    喜久泉 吟冠
    この値段でこのうまさはないな
    コスパ考えると優秀すぎ

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2020年8月1日

  • Kazutoshi Koga

    喜久泉 吟冠 吟醸酒
    田酒の蔵のお酒。普段酒として常備用の鍋島ブルーが品切れで、代わりに酒屋の親父さんから勧められました。薫りもなかなか良し。口に含むと美味しい酸味の後にじんわりと甘味と辛味が混じった旨さが来てアル添のキレがありつつも程よい苦味が後口に残る。んー、これも普段酒としてなかなかコスパの良いお酒ですね。食中酒としてgoodでした。
    1.8L 2,200円(税別)
    精米歩合55%、アルコール分16度

    特定名称 吟醸

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2020年6月8日

  • 職人魂

    とても飲みやすく、飲み飽きしない美味しいお酒。
    冷えている時は、淡麗辛口的なテイスト。
    常温になると、ほのかにフルーティーさを醸し出す。

    特定名称 吟醸

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2020年5月23日

  • ドリームハート

    喜久泉(きくいずみ)、吟冠、吟醸酒。
    青森県青森市の西田酒造さん。
    四合瓶で1100円くらい。値段見て即買いでした。
    要冷蔵なのでキリッと冷やしていただきました。
    思った以上にあっさりスッキリ。
    料理を引き立たせるような控えめな感じです。
    札幌市の銘酒の裕多加さんで購入させていただきました。

    特定名称 吟醸

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2020年5月19日

  • KajiKaji

    西田酒造店 吟冠 吟醸酒 喜久泉 720ml
    「田酒」を醸してる西田酒造店さんのブランド。4合瓶で1100円は、久々のコスパ優等生。東北のお酒らしく、最初に甘みが入り、キレがいい。さすがに、複雑さはないものの、シンプルなだけに、毎日の食中酒としては、最高の一本。アル添を全く感じさせない、計算されているなぁと思える。なかなか、手に入らないのが、残念。

    原材料:米(国産)、米麹(国産米)
    醸造アルコール
    原料米 : 華吹雪(青森県産酒造好適米)
    精米歩合 : 55%
    日本酒度 : +2
    酸度 : 1.4
    アルコール分 : 16%

    特定名称 吟醸

    原料米 華吹雪

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年5月18日

  • 転売反対!

    喜久泉 特別本醸造
    一升で2000円と少し、コスパに優れた旨酒です。
    御燗より冷やの方が自分は好みでした。
    アルコール添加による、最後にキレを感じ、
    食中酒で真価を発揮する。

    特定名称 特別本醸造

    原料米 華吹雪

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2020年4月20日

  • AGEHA

    田酒の酒蔵の西田酒造店さんから山田錦100%大吟醸酒(^^)

    特定名称 大吟醸

    原料米 山田錦

    2020年4月12日

  • K.Ota

    傾奇鮪 江戸のれん店

    特定名称 吟醸

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2020年2月25日

  • calm

    calm

    4.0

    「喜久泉 吟冠 吟醸酒」

    皆様ご存知の通り「田酒」の蔵がリリースする別銘柄。

    本日のアテは子供の頃からずっと大好きな
    「玉子焼き」

    玉子焼きって地域によって、家庭によって味はみんな違いますよね。

    大きく分けると「砂糖で甘めの玉子焼き」か「ダシでしょっぱめの玉子焼き」

    ネット調べでは半数以上の都道府県が「甘め」の割合が多く、大阪、京都、奈良、兵庫、和歌山など関西エリアでは「しょっぱめ」の割合が多いとのこと。

    皆さんのおうちではどうでしょうか?

    私は学生時代はしょっぱめの玉子焼きが好きでしたが、大人になってからは甘い玉子焼きが好きになりました。

    本日の玉子焼きも当然、甘めです。
    玉子焼きだけで極上に幸せになります。
    うちの玉子焼きは史上最強で、販売したいくらい超美味しいです(笑)

    うちの玉子焼きと喜久泉、完璧なペアリングでした。

    喜久泉って、よく行く酒屋さんで以前からちょくちょく見掛けてはいました。

    「安いけど、アル添だしなぁ…でも、いつもすぐに売り切れてるなぁ…有名な田酒の蔵が出してるからか?それとも有名な蔵なのに安いからか?でも、結局不味かったら売れないよなぁ…美味いのかなぁ…?」

    と、長い期間思い続け、長い期間気にはなっていて、今回、意を決して購入。
    ※四合瓶 税込み 1.150円

    食中酒としてとてもいい日本酒でした。
    ご飯のおかず全てに合うと思います。

    味わいの何かがズバ抜けて特化して凄く美味しいとかではなく、派手さもなく全てが控えめ、だけどそのバランスが良く、角がなくふわふわしたまん丸な優しい〜〜〜日本酒って感じがしました(主観)。

    酒器の種類、形、グラスや陶器など色々変えてみたり、様々な温度帯で試したり、私が苦手な燗もつけてみました。
    色んな顔を見せますが、どれも派手さはないけど地味なうまさが光ります。

    一番美味しい呑み方はやはり、うちの玉子焼きと合わすことが史上最強かな(笑)
    なのでうちに来ないと史上最強のペアリングは経験出来ません(笑)

    皆さんにうちの玉子焼きを提供したい気持ちでいっぱい!本当に美味しいんだから!みんな!うちに集合!(笑)

    そんな
    優しい時間でした。

    ありがとうございました。

    2020年2月23日

  • しゅう

    いい意味で甘辛どちらでもない。おいしい水を飲んだ時のような旨味、後味はキリッとして綺麗に引く。何にも邪魔されず気持ちよく酔えた。

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年2月16日

  • くまさぶ

    喜久泉 吟醸
    田酒に負けない飲みやすさ
    価格を考えると、いいお酒です
    アル添って意見もあるでしょうが、これはこれでアリです
    食中酒にちょうどいいのではないでしょうか
    今回は4合瓶だが、次は一升で…

    2019年11月23日

  • さくら

    喜久泉 吟冠 吟醸 3.5
    アタック甘くて後味すっきり
    安くて美味しい良いお酒。後味に若干苦味あり
    “しっかりした旨味がありつつもドライなキレ味”
    @タカマル鮮魚店

    特定名称 吟醸

    原料米 華吹雪

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2019年11月17日

  • 酒めぐり

    喜久泉 吟醸

    色は少々黄色で香りはひかえめ、口に含むと吟醸香と甘すぎない辛口の味わい。料理を邪魔しないスッキリとした味で食中酒として美味しくいただきました。
    アルコール分16度
    精米歩合55%

    2019年11月16日

  • 百珍太郎

    ハイクオリティ本醸造酒
    笑顔になれます
    10p

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2019年11月15日

  • Masaki Murata

    ちょっと自分にはキツめに感じた

    特定名称 吟醸

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2019年10月26日

  • swallow-swallow

    喜久泉 吟冠 300ml
    税込価格:¥594円
    精米歩合:55%
    アルコール分:16度

    控えめでなめらかな香り。口当たりは優しく、のど越しに旨味を感じます。
    良くできた普通酒ですが、これよりいい酒質の普通酒はいっぱいあります。

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2019年10月14日

  • いなりずし.com

    喜久泉 吟冠
    アルコール分 16度
    精米歩合 55%
    日本酒度 +2
    購入価格 4合瓶1,100円税抜

    ようやく手に入れました。田酒でおなじみ西田酒造さんの喜久泉。ラベルは古くさくてあまり美味しそうではありません笑 長野の酒屋で入手。
    冷酒で頂きます。上立香は僅かで、ほんのりフルーティーな香り。口に含むと心地よい吟醸香が広がります。アル添臭も気にならないし、むしろアル添で味と香のバランスを調整してより良いものを作ったんだと感じられるお酒です(^_^)
    飲み疲れしないし、気持ちよくどんどん飲めちゃいます!
    これで4合瓶1,100円。レベル高すぎでしょ!自身3回目の☆5となりました(´▽`)ノ リピート確定です!次は必ず一升瓶で!

    特定名称 吟醸

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2019年9月21日

  • パパパK

    喜久泉
    安い!
    凄くアッサリとして、美味しい。

    2019年9月7日

  • 小塙裕一

    青森県は西田酒造店より『喜久泉 銀冠』です。
    トロットロでうまいです。
    感想がテキトーですね。
    ちょっと最近は暑かったり涼しくなったりで体調を崩し気味です。
    だけども飲んだものは更新したい。
    まぁ、こういう日もあるよ。
    クセがなくて飲みやすい。
    具合悪くても飲めるもの。
    おいしい。

    2019年9月6日

  • パパパK

    西田酒造の喜久泉。
    スッキリ軽い旨さ。
    夏には合うかな。

    2019年8月15日

喜久泉が購入できる通販

検索

容量 :全て | 720ml | 1800ml |

原料米:全て | 山田錦 |

酒造り:全て | 純米酒 | 醸造酒 |

商品画像 価格 商品タイトル 店舗
喜久泉 【吟冠 吟醸造】 720ml 青森県(西田酒造) 1,100円 喜久泉 【吟冠 吟醸造】 720ml 青森県(西田酒造) (楽天市場) 店舗へ行く
【日本酒】青森県 西田酒造店 喜久泉(きくいずみ)吟冠 吟醸造 720ml≪クール便≫ 1,210円 【日本酒】青森県 西田酒造店 喜久泉(きくいずみ)吟冠 吟醸造 720ml≪クール便≫ (楽天市場) 店舗へ行く
【日本酒】青森県 西田酒造店 喜久泉(きくいずみ)吟冠 吟醸造 1800ml≪クール便≫ 2,310円 【日本酒】青森県 西田酒造店 喜久泉(きくいずみ)吟冠 吟醸造 1800ml≪クール便≫ (楽天市場) 店舗へ行く
喜久泉 【特別本醸 吟冠】 1800ml 青森県(西田酒造) 2,313円 喜久泉 【特別本醸 吟冠】 1800ml 青森県(西田酒造) (楽天市場) 店舗へ行く
吟冠 ぎんかん 喜久泉 きくいずみ 1800ml 要冷蔵(11-3月は通常便出荷) 2,376円 吟冠 ぎんかん 喜久泉 きくいずみ 1800ml 要冷蔵(11-3月は通常便出荷) (楽天市場) 店舗へ行く
【要冷蔵】喜久泉(きくいずみ) 大吟醸 720ml (専用BOX入) 2,850円 【要冷蔵】喜久泉(きくいずみ) 大吟醸 720ml (専用BOX入) (楽天市場) 店舗へ行く
お中元 日本酒 青森県 西田酒造店 喜久泉(きくいずみ)大吟醸 720ml≪クール便≫ 3,080円 お中元 日本酒 青森県 西田酒造店 喜久泉(きくいずみ)大吟醸 720ml≪クール便≫ (楽天市場) 店舗へ行く
(要冷蔵) あの田酒で大人気の青森県青森市:西田酒造店 のアル添 ブランド(純米以外) 金冠 喜久泉 大吟醸 山田錦 100% 使用 720ml 箱付 3,120円 (要冷蔵) あの田酒で大人気の青森県青森市:西田酒造店 のアル添 ブランド(純米以外) 金冠 喜久泉 大吟醸 山田錦 100% 使用 720ml 箱付 (楽天市場) 店舗へ行く
喜久泉 大吟醸 720ml 3,410円 喜久泉 大吟醸 720ml (楽天市場) 店舗へ行く
【青森県の銘酒】喜久泉 大吟醸 山田錦 720ml【火入れ】 3,520円 【青森県の銘酒】喜久泉 大吟醸 山田錦 720ml【火入れ】 (楽天市場) 店舗へ行く
喜久泉 吟冠 吟醸造 1800ml 西田酒造店といえば田酒が有名ですが、「喜久泉」地元向けの銘柄。青森県の酒造好適米「華想い」を60%まで精米し吟醸仕込みにより醸されています。吟醸香と美味しさ・旨みを出した飲み飽きしないスッキリとした味わい。 4,686円 喜久泉 吟冠 吟醸造 1800ml 西田酒造店といえば田酒が有名ですが、「喜久泉」地元向けの銘柄。青森県の酒造好適米「華想い」を60%まで精米し吟醸仕込みにより醸されています。吟醸香と美味しさ・旨みを出した飲み飽きしないスッキリとした味わい。 (楽天市場) 店舗へ行く
Supported by楽天ウェブサービス

喜久泉の酒蔵情報

名称 西田酒造店
特徴 看板商品は「田酒」。田の酒という意味で、先代社長が「混ぜ物のない、昔ながらの酒を造りたい」と、1974(昭和49)年に発売した純米酒だ。当時は三増酒全盛時代で、純米酒の認知度はゼロ。当然まったく売れなかったが、主力商品の三増酒を全廃し、1本2000円を超える価格で販売し続けた。転機は1981(昭和56)年。雑誌「特選街」の「うまい酒コンテスト」で日本一になり、東京を中心に引く手あまたとなった。現在の田酒は西田司社長のもと、さらにブラッシュアップされている。西田社長は淡麗辛口が大嫌いだ。旨みのある酒をつくりたいので、あえて活性炭を使った炭濾過をしない。だから田酒はやや黄色く色づいている。しかし、「黄色い酒はゴツくてヒネた酒」という先入観で飲むと、田酒のきれいさに驚かされる。火入れや貯蔵にこだわり、絶対にヒネないよう細心の注意を払っているからだ。最近は、すべてのもろみを開放サーマルタンクで仕込み、ヤブタを2台に増設して、上槽の最適期に搾っている。また、1918(平成30)年2月から、全商品1回火入れで、冷蔵庫での瓶貯蔵となっている。(江口まゆみ)
酒蔵
イラスト
喜久泉の酒蔵イメージ

(立川哲之氏撮影+加藤忠一氏描画)

銘柄 田酒 喜久泉 外ヶ濱 善知鳥
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 青森県青森市油川大浜46
地図