1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 青森の日本酒   ≫  
  4. 善知鳥 (うとう)
善知鳥

善知鳥 (うとう)

酒蔵サイトへ

青森 / 西田酒造店

3.84

レビュー数: 53

「田酒」「喜久泉」の蔵元として知られる青森の西田酒造店が青森県内限定で販売するのが、「大吟醸 百四拾 善知鳥」。善知鳥とは体長30センチメートルほどの海鳥で、外ヶ浜など北日本の沿岸に生息。酒米は青森県が開発したオリジナルの酒造好適米・華想いで、2006年に品種登録された酒米で、山田錦と華吹雪の交配。酒は梨のような立ち香と、果実味たっぷりの旨み、深い味わいがある。酒単独で味わうのはもちろん、刺身や焼き魚などの和食を華やかにしてくれる。

善知鳥のクチコミ・評価

  • リルハケイゴ

    リルハケイゴ

    4.0

    善知鳥 大吟醸 山田錦

    本日はこちら♪
    田酒の西田酒造さんの善知鳥
    ようやく自宅に招き入れました
    フルーティで甘いセメ香
    甘み先行で米の旨みが辛みに変化
    最後はアル添らしい余韻がジーン

    特定名称 大吟醸

    原料米 山田錦

    2022年6月19日

  • すぎちゃんの冒険

    すぎちゃんの冒険

    4.5

    「アーユー・ウトウ?」
    青森・西田酒造・善知鳥(うとう)・大吟醸・山田錦・精米歩合40%・16度
    ▼6.20に向け予算アップ中。まだ前夜祭につき善知鳥の山田錦あたりで控えめに(笑) この辺の価格帯からは火入れ中心で心躍る感は少ない気もするがどうだろう
    ---
    ▽綺麗な白、というか透明でクリスタル。注いだ感じは水のようにさらりとあまりにもさりげない。しかーし。顔を近づけるとむわっーと濃厚な芳香
    ▽それはフルーティというよりむしろアイスクリームの冷凍庫の香り。口に含むと、、来ましたバニラ。これはもはや思わずアーユー・ハーゲンダッツ?(古) と口走りってしまう高級アイスクリーム感
    ▽見た目のさらり感と味わいのとろり感の粋な対比。ラベルの和風感と味わいの洋風感。杯を重ねても香り落ちない、この濃厚なデザート感に胸キュン

    特定名称 大吟醸

    原料米 山田錦

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2022年6月17日

  • 酔楽

    酔楽

    4.0

    今宵の地酒は、青森は田酒の酒蔵で醸された「善知鳥」です。
    店頭で見つけても、いつも足踏みしていました。
    というのも、高価・アル添・個人的に情報不足などがあって敬遠していたからです。
    でも、そろそろこのお酒に手を出してもいいかなと思い、購入してしまいました。
    一般的な4合瓶の3倍くらいの値段なので、どうか3倍の味わいでありますように・・・な訳ないと思うけど。
    それでは、いただきま~す。
    柔らかな甘味と酸味。穏やかながらシャープな酸味のキレが全体を引き締めています。
    お~! さすがに美味しい。
    洋ナシ的な味わいでしょうか。
    しかし、呑み進むにつれて、アル添独特の舌に刺さる辛味がでてきます。
    これが無ければ★4.5ですが、現時点ではこの状態が醸造アルコール添加割合の一番いいバランスだったんでしょうね。
    14代の玉返しのような存在のお酒でした。

    2日目
    醸造アルコールの舌に刺さるような刺激が呑み始めから出てきました。
    やはり、私はアル添は駄目みたいです。
    醸造アルコールは蒸留酒、そして日本酒に使うそれのほとんどが原料が米ではありません。言わばアル添酒は焼酎とのブレンド酒ということになります。
    アル添は、廉価なお酒での使用はアリだと思いますが、少量限定の大吟醸なのに純米酒ではない理由は何なのでしょうか。
    あくまで、個人の嗜好にともなう感想なのですが。
    是非、純米の「善知鳥」を販売していただきたいと思います。
    先日、1升瓶の「田酒」で親戚のお祝いをしたくらいのこの蔵のファンからのお願いです。
    当初の味わいから残念ながら★4.5から4になってしまいました。

    特定名称 大吟醸

    原料米 山田錦

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2022年5月12日

  • 務め人苦弊死

    務め人苦弊死

    4.0

    山田錦40 約半年熟成

    山田錦フェス7本目。
    ここからは精米歩合40以下or特別品。

    アルコール感出てきて辛め。旨味はソコソコで、やや薄味の八反錦感。開けたてのほうがお上品。

    2022年2月1日

  • haya

    haya

    5.0

    善知鳥 大吟醸 山田錦40です。
    (ラベルの写真は頂きもの)

    大晦日に酒匠さんからお裾分け頂いたやつ。
    四合瓶の蓋スレスレまで詰まってたΣ(゚∀゚ノ)ノ

    田酒はいくつか試したことあるけど、善知鳥は初めて!
    お値段が素敵過ぎて、自分からなかなか手出しできないから嬉しい⤴️⤴️
    今回のお裾分けのおかげで、巡り合うことが出来たよー( *´艸`)

    ・美しい。
    ・トロ甘ー。
    ・高級メロン
    ・吟醸香が充満する。
    ・ボリュームも十分。
    ・弱めにピリッと辛みがある。
    ・キレも上々⤴️
    ・アル感もあって酔える。
    ・贅沢の極み✨

    おぉー、一口で感動するやつ。
    華やかで且つ、バランスも秀逸だと感じる。

    華やかなお酒には、華やかなグラスで゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚

    この連休に、津軽びいどろのぐい呑み×2を新しく買ったし。
    いつものサケタイムがまた楽しくなる。

    #また明日から頑張らなきゃ!

    特定名称 大吟醸

    原料米 山田錦

    テイスト ボディ:普通

    2022年1月10日

  • たけ

    たけ

    4.0

    東京酒フェスティバルは行きました。
    ただ、ちょっとオペレーション的に???
    改善点は多々ありますね。
    飲んだお酒の写真は撮っていないので
    レビューはありません!
    ゲストで高橋名人いたけど別に。。。
    MCでしたね、スターソルジャーの連射でも
    披露しろや!

    その後、同僚はメイド喫茶に行くと言うので、
    私は別行動です。

    善知鳥 大吟醸 山田錦
    安く飲めるお店だから良いですよ!
    味の説明は特に要らんでしょう!

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2021年12月18日

  • shanks

    shanks

    3.5

    青森県青森市 西田酒造店
    大吟醸 善知鳥 百四拾
    原料米 華想い
    精米歩合 35%
    使用酵母
    日本酒度
    酸度
    アミノ酸度
    アルコール度数 16度
    仕込み水

    香りは甘い果実のよう!
    飲み口は柔らかく包み込むような旨味。
    ラストは辛口でキレていきますね!

    特定名称 大吟醸

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2021年12月5日

  • 務め人苦弊死

    務め人苦弊死

    4.5

    山田錦40 アル添

    半年に1本。これで計3回。
    味覚の矯正。山田錦8本目。

    甘4→4
    旨3→3
    酸2→4
    苦1→1
    辛3→3
    余韻 長

    辛口まではいかず甘口までもいかず背筋の良い旨さが崩れずになだらかに流れる。清い川。とにかく落ち着く明鏡止水。これぞ高級酒。

    2021年12月3日

  • よしのの

    よしのの

    4.0

    青森のお土産で頂いた善知鳥大吟醸百四拾
    田酒で名高い西田酒造さんです
    香りはまるでメロン、そして綺麗なケタグりバランス
    淡麗で素晴らしい
    アルテンだからこその輪郭がピキーっと締まる感じは
    久しぶりに気持ちよく、美味しかったです
    ご馳走様でした

    2021年10月11日

  • G漢

    G漢

    4.5

    備忘錄

    特定名称 大吟醸

    原料米 山田錦

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2021年9月20日

善知鳥が購入できる通販

検索

容量 :全て | 720ml |

原料米:全て | 山田錦 |

酒造り:全て | 純米酒 | 醸造酒 |

商品画像 価格 商品タイトル 店舗
大吟醸 善知鳥 箱付き【G2】【中古】 4,400円 大吟醸 善知鳥 箱付き【G2】【中古】 (楽天市場) 店舗へ行く
【製造2022年4月】善知鳥 大吟醸 ●山田錦● 720ml〔化粧箱付〕(うとう)【田酒の西田酒造店】【□】◎送料表記はクール代込料金【選冷2】 4,510円 【製造2022年4月】善知鳥 大吟醸 ●山田錦● 720ml〔化粧箱付〕(うとう)【田酒の西田酒造店】【□】◎送料表記はクール代込料金【選冷2】 (楽天市場) 店舗へ行く
Supported by楽天ウェブサービス

善知鳥の酒蔵情報

名称 西田酒造店
特徴 看板商品は「田酒」。田の酒という意味で、先代社長が「混ぜ物のない、昔ながらの酒を造りたい」と、1974(昭和49)年に発売した純米酒だ。当時は三増酒全盛時代で、純米酒の認知度はゼロ。当然まったく売れなかったが、主力商品の三増酒を全廃し、1本2000円を超える価格で販売し続けた。転機は1981(昭和56)年。雑誌「特選街」の「うまい酒コンテスト」で日本一になり、東京を中心に引く手あまたとなった。現在の田酒は西田司社長のもと、さらにブラッシュアップされている。西田社長は淡麗辛口が大嫌いだ。旨みのある酒をつくりたいので、あえて活性炭を使った炭濾過をしない。だから田酒はやや黄色く色づいている。しかし、「黄色い酒はゴツくてヒネた酒」という先入観で飲むと、田酒のきれいさに驚かされる。火入れや貯蔵にこだわり、絶対にヒネないよう細心の注意を払っているからだ。最近は、すべてのもろみを開放サーマルタンクで仕込み、ヤブタを2台に増設して、上槽の最適期に搾っている。また、1918(平成30)年2月から、全商品1回火入れで、冷蔵庫での瓶貯蔵となっている。(江口まゆみ)
酒蔵
イラスト
善知鳥の酒蔵イメージ

(立川哲之氏撮影+加藤忠一氏描画)

銘柄 田酒 喜久泉 外ヶ濱 善知鳥
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 青森県青森市油川大浜46
地図