1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 秋田の日本酒   ≫  
  4. 刈穂 (かりほ)
刈穂

刈穂 (かりほ)

酒蔵サイトへ

秋田 / 秋田清酒

3.67

レビュー数:214

天智天皇の和歌「秋の田の刈穂の庵の苫をあらみ 我が衣手は露に濡れつつ」より命名された。秋田ならではの由緒正しい酒銘だ。「出羽鶴」と同じ秋田清酒株式会社の酒蔵で、仕込み水は奥羽山脈に源を発する地下水が、砂礫層を通過して湧く井戸水。ミネラル豊富な中硬水で仕込むため、酵母の働きが活発になる。山廃造りにも力を入れ、もろみの発酵が旺盛で、キレ上がった辛口になる。日本酒度の高い酒造りが主体だ。とくに日本酒度+25の超辛口「気魄の辛口」は、最も辛口の純米酒で人気が高い。 また酒の搾りも独特で、酒を搾るのに全量酒槽を使う。槽搾りは非常に手間がかかるため、全量を槽だけで搾る蔵は全国でも数えるほど。もろみに圧力をあまりかけない丁寧な搾りのため、酒質が高くなる。その高価な酒槽が、6台もあり「刈穂六舟」という酒名の由来にもなっている。

刈穂のクチコミ・評価

  • 左近将監

    刈穂 純米吟醸 kawasemi lacel

    特定名称 純米吟醸

    2020年11月21日

  • satringer

    刈穂 令和元年度純米大吟醸品評会出品用斗瓶取り 
    仕込み番号55番

    秋田清酒のホームページを見に行ったらオンラインストアオープン記念で売り出してましたコレ。
    出品酒というF1マシンというかサラブレッドが記念価格の2020円!
    とりあえずポチるしかないでしょう。
    限定200らしいので皆さんもお早めに!
    出品酒なんて普段は口にしないのでプンプンに香る香りと華やかさは
    高級クラブに行ったらこんなのか?という感じで評価できないのですが香りとキレは間違いない、普段飲んでない奴です。
    それを味わうということで良いのでは。

    2020年11月19日

  • 左近将監

    刈穂 山廃純米超辛口

    特定名称 純米

    酒の種類 山廃

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+2

    2020年11月10日

  • ドフラミンゴ

    刈穂 シルキースノータイム 純米吟醸
    お米:美山錦/ぎんさん
    精米:55% 日本酒度:+5
    酸度:1.5 アルコール:16度

    冬の限定酒をSilky snow timeと謳って各蔵が出しているお酒。

    2020年11月7日

  • さくら

    辛くて濃い!
    濃くて辛いというべき?
    刈穂とは思えない辛さ、けど後味に旨味というか味があるあたりが、ただの辛いだけの酒ではない感じはある
    しかし19度だから全然すすまない…
    @春夏冬

    特定名称 純米

    酒の種類 原酒 山廃

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:辛い+2

    2020年11月6日

  • とよふた

    四合ビンシリーズ、刈穂吟醸酒
    。アル添、てやつ。○ッ○カ○ラ酒販でポイントと交換したやつ。冷して頂く、香りは穏やか、さてさてお味は、爽やかなバナナかデリシャスりんご
    焼酎に近いキレこれはこれで好きなお味!ほど良い甘辛、雑味は無し。美味しかったです。

    特定名称 吟醸

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年10月25日

  • たけ

    刈穂の山廃原酒、生原酒です。
    酒度+21という事で超辛口が謳い文句。
    ところが飲んでみるとびっくり!
    意外にも穏やかで軽くて飲みやすい。
    山廃の+21度なのでさぞかし玄人好みかと
    思いましたが、これはちょっと違うタイプです。

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:辛い+1

    2020年10月22日

  • Porco Rosso

    刈穂 秋 Kawasumi
    純米吟醸
    香り控え目
    コク旨味まずまず
    スッキリ秋味

    特定名称 純米吟醸

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2020年10月10日

  • Porco Rosso

    刈穂 純米吟醸 六舟
    香り控え目
    コクも控え目
    後味スッキリの辛口

    特定名称 純米吟醸

    原料米 秋田県産酒造好適米

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2020年10月1日

  • ポンチー大将

    刈穂 秋田旬吟醸2020
    純米大吟醸
    精米歩合45%
    開栓初日は苦味が先行してたけど、3日目あたりから苦味が弱まり円やかになった

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 秋田酒こまち

    酒の種類 生酒 原酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年9月27日

  • 龍一

    一年熟成でいただきました。
    お米の香ばしさがくっきりと表に出て、良い意味でわかりやすいお酒になったと思います。

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2020年9月8日

  • Kenji Iwasaki

    刈穂 超弩級 気魄の辛口 山廃純米生原酒(秋田清酒:秋田)
    美山錦、秋の精
    精米歩合60
    アルコール度数18
    日本酒度+25
    酸度1.6
    アミノ酸度
    酵母
    
    日本酒度+25に惹かれました(´・ω・)
    
    (以下、開栓直後)
    香 :穏★★⭐⭐⭐華
    味 :淡★★★⭐⭐濃
    甘辛:甘★★★★⭐辛
    軽重:軽★★★⭐⭐重
    セメダイン、アルコール
    スカッと辛口
    
    口に含んだときの感覚:
    甘味⭐⭐⭐⭐⭐
    旨味★⭐⭐⭐⭐
    酸味★★★⭐⭐
    苦味★⭐⭐⭐⭐
    渋味⭐⭐⭐⭐⭐
    刺激⭐⭐⭐⭐⭐
    甘さはほぼ感じない
    シャープ酸味が前面に
    
    飲み込んだ後の余韻:
    甘味⭐⭐⭐⭐⭐
    旨味★⭐⭐⭐⭐
    酸味★★⭐⭐⭐
    苦味★★⭐⭐⭐
    渋味★⭐⭐⭐⭐
    刺激⭐⭐⭐⭐⭐
    苦味と渋味を強めに感じるかな。
    すっきりキレる。
    
    で、結局どうなのよ?
    スカッとドライ。
    甘さはほとんどなくて酸味苦味渋味。
    でも、ただ辛いだけじゃなくて旨味もたしかにある。
    口の中が乾くようなドライな辛口。
    これ、生原なんだよなぁ。
    生酒でこれほどスカッとするお酒は初めてかもしれない。
    原酒で度数高いけど、そこまで度数の高さを感じさせない口当たり。
    気魄の辛口、たしかにそうだ。

    特定名称 純米

    原料米 美山錦、秋の精

    酒の種類 生酒 原酒 山廃

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+2

    2020年9月2日

  • tam

    tam

    3.5

    刈穂 純米酒

    先週の記録を掲載します。
    1か月に宿泊した温泉宿に、再度予約がとれたので行って来ました。今回はいつもの普通の部屋でしたので、食事部屋での夕飯でした。

    お酒は、「もっきり」で地酒をいただきました。
    辛口でどっしりした味わい。老ね香もなく、料理に合いますね。

    この宿では、前は普通酒だったけど、純米酒にランクアップしました。

    特定名称 純米

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:辛い+1

    2020年8月28日

  • saketime2019

    刈穂さんの生吟醸 六舟 (総槽掛け絞り)
    夏の吟醸と言えばこれ。メロンのような香りがあり甘味が広がるがスーっと切れて心地よい酸味が残る。まさに清涼感が五感を駆け巡る。

    特定名称 吟醸

    原料米 美山錦/ぎんさん

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年7月26日

  • がいしょう

    【刈穂 夏純米吟醸 六舟 Summer Mist】(季節・数量限定商品) 「Summer Mist」なんて洒落た名前もあり買っちゃいました。霞、霧のようなスキッ&超スマートなイメージとは違い、サラリとした旨味に少しの甘さを抱えて舌の上を通り過ぎていきました。

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2020年7月24日

  • マイル丼

    めろーん。パッと膨らみ、すーっと消えて微かに夏の朝が残る。

    特定名称 純米吟醸

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通

    2020年7月16日

  • ハイチュウ

    夏酒ゲット(^^)
    ブルーの瓶が綺麗〜
    さっぱりして美味しい

    特定名称 純米吟醸

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2020年7月13日

  • たき

    六舟

    特定名称 純米吟醸

    酒の種類 一回火入れ

    2020年7月2日

  • somewordstoday

    刈穂 純米生酒 white label
    初めての刈穂!近所のイオンにて。ここのイオンは定期的に珍しいお酒を入荷してるのでいつもチェックしてるのですが、今回は白麹で仕込んだ変わり種!
    香りは芳醇なバナナメロン、含むと酸っぱー!突き抜けるような酸味が際立ってますが、その奥に甘み旨みもしっかりあって、うまく調和しています。マイブームの酸っぱサワー系、いや、これはサワーというより白ワインかな。甘みも濃く飲み応えあり!白麹のお酒はあまり経験値ないですが、今まで飲んだのクエン酸系の中では一番好きかも。旨いです!

    特定名称 純米

    原料米 美山錦

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:甘い+1

    2020年6月29日

  • ひとうおんせん

    刈穂 蔵付自然酵母仕込み 純米生原酒
    720ml ¥1,540(税込)
    外出自粛制限解除に伴い
    ぶらり遠出し秋田の酒を秋田で頂いた次第です。
    程良い酸味と後味の軽い苦味、
    麹の香りが良い。

    特定名称 純米

    酒の種類 生酒 原酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2020年6月20日

刈穂の酒蔵情報

名称 秋田清酒
特徴 1865 (慶応元)年創業。代々庄屋を営んでいたところ、12代目・伊藤重四郎氏が「ヤマト酒造店」を興し, 13代目恭之助氏が「出羽鶴」と名付けた会社がのちの1955(昭和30)年に「出羽鶴酒造」と社名変更された。一方、1913(大正2)年、分家が営んでいた酒蔵がのちに、「刈穂酒造」となり、2社が1972年ひとまとめにして運営されるようになった。 現在「出羽鶴酒造」では「出羽鶴」と「やまとしずく」を、「刈穂酒造」では「刈穂」という名の酒を醸しており、そのすべては「秋田清酒」にて瓶詰めされ、各地に発送されている。 <出羽鶴酒造>「出羽鶴」は“ヤブタ”と呼ばれる自動圧搾ろ過機を使っており、酒質はきれいでマイルドだ。「やまとしずく」は酒販店限定流通商品。中でもさらに限定品には“遠心分離機”を使って搾る特別なものが存在する。またスパークリング日本酒である「出羽鶴 awa酒 明日へ」がSAKE COMPETITION2019のスパークリング部門においてGOLD第1位を獲得するなど、新たな挑戦をしている。 <刈穂酒造>「刈穂」は香味豊かで、ヨーグルトのような乳酸のニュアンスもあって常温や燗酒にも適するようなタイプの酒質が特徴。山廃づくりという酒母づくりに力を入れ、「槽搾り(ふなしぼり)」といって木で作られた長方形の酒槽に、封筒状の綿製袋にもろみを入れたものを重ねて置き、上から圧をかけて搾る、昔ながらの製法をとる。それぞれの蔵の個性を色分けし、歴史と革新を体現する酒蔵だ。(関 友美)
酒蔵
イラスト
刈穂の酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 刈穂 出羽鶴 晴田 やまとしずく 竜巻 北の醸し家 J-CRAFT 茜 かもしか
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 秋田県大仙市戸地谷天ケ沢83−1
地図