1.   ≫  
  2.   ≫  
  3.   ≫  
  4. 酉与右衛門(酔右衛門) (よえもん)
酉与右衛門(酔右衛門)

酉与右衛門(酔右衛門) (よえもん)

岩手 / 川村酒造店

3.74

レビュー数:100

南部杜氏の本拠地、石鳥谷に蔵を構え、500石ほどの小さな蔵ながら、個性的な酒造りを行う。使用米は自家田の山田錦や契約栽培の亀の尾などで地元の米が中心。旨口でキレがあり、飲み疲れしない。「酔右衛門 直汲み特別純米無濾過生原酒 吟ぎんが」は、原料に吟ぎんがを用い、直汲みらしいフレッシュなガス感があり、口に含むとボリュームがふわりと広がる。飲みごたえもあり、食中酒としてのバランスが整い、冷酒から常温までの温度帯で、変化する表情も楽しみたい。魚介類と好相性。

酉与右衛門(酔右衛門)のクチコミ・評価

  • kzhro

    フレッシュでまるで新酒の様。
    スルスル入っていってエンドレス。
    これで7割精米。驚き。

    2019年12月6日

  • wajoryoshu

    こだわりの燗酒店でよえもんの「無手勝流」、2011年仕込みで製造年月は2019年10月の8年熟成。最近人気の吟醸生原酒とは対極にある昔ながらの酒。この手の酒に多い酸が尖った感じはまったくなく、非常にまろやか。多少物足りなさ感はあるが、コメの旨味を存分に味わえる。

    特定名称 純米

    原料米 雄町

    酒の種類 古酒

    テイスト ボディ:重い+2 甘辛:普通

    2019年11月25日

  • ごましおさん

    酔右衛門 秋桜 純米吟醸 吟ぎんが

    1日目、米の香り。
    スッキリした米の甘み。
    程よい酸味。
    スッとキレる。
    流行りのフルーティーな感じはないけど凄く飲みやすい。

    5日目、味わいあまり変わらず。
    米の甘みと旨味。
    スッキリ。

    単体よりかは食中酒。
    スッキリと飲みやすい米の旨味と米の甘み。
    しめ鯖やお寿司と合うかな。

    2019年11月4日

  • tnnnnd

    フレッシュな感じで飲みやすく美味しかったです。
    万人受けしそう。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 その他

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2019年10月13日

  • Ryouma Itpu

    香りは穀物系のふくよかな香りがする。
    軽い甘みとしっかりした米の旨味が口の中に広がるのだが、後口は心地よい余韻残りながら非常にさっぱりして軽快。
    どういうことだかわからないが美味しく頂きました。

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:普通

    2019年9月24日

  • Ryouma Itpu

    一言だけ。
    大好き

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+2

    2019年9月13日

  • たけ

    酉与右衛門の亀の尾使用のお酒です。
    山田錦よりもこっちの方が好みかな。

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2019年8月17日

  • たけ

    岩手だけど徳島産の山田錦とは珍しい。
    兵庫産の山田錦と遜色無いとの事で。。。
    徳島産でも十分美味しいと思います。

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2019年8月17日

  • ぱんじゅう

    トンガってる酒だな〜❗️

    2019年7月27日

  • いっちゃんねる

    伊勢元酒店で購入

    特定名称 特別純米

    原料米 吟ぎんが

    酒の種類 無濾過生原酒

    2019年7月7日

  • maxmorick

    夏ぎんが 純米吟醸 無濾過生原酒。

    ちょっと長い出張があったので、久々の日本酒です^ ^ シュワピリの爽やかな口あたり。裏書きには澱があるように書かれていましたが、ほぼ澄み酒です。香りはあまりありません。味の方もとても中庸で何かが突出して感じられるワケでもなく…と言うか、時差ボケでこちらの味覚センサーがブッ壊れてる可能性の方が大です^^; 明日しっかり味わい直します。

    2日目。
    あぁこれは梨ですね。梨の香り。相変わらずのシュワシュワです。酸がしっかり効いていて、スッキリ爽やかな飲み口。やはり米の旨味はそんなに感じません。どちらかと言えばドライなお酒ですが、辛口と言うほどでもありません。度数もちょっと低めだし、この表現が夏酒だと言われればその通りですね。疲れた身体にスッと入ってくる飲み易さです^ ^

    5日目。
    発泡感はほとんど感じなくなりました。香りに梨系の爽やかさは無くなり酸っぱい感じに。含んでもやはり酸が主張しています。その後を2日目までは大人しかった旨味が伸びて追いかけて来ます。ちょっとコックリした、燗に向きそうな旨味。こうなると夏酒の爽快感はまるで無し。これ外飲みとかだと、抜栓何日目に当たるかでえらく印象が変わってしまうヤツですね。

    8日目。
    相変わらず酸はしっかり。ちょっと味が抜けて、再びスッキリ系に戻りました^^; 食との相性は良いと思います。時間と共に旨味の出方は変化するものの、一貫して酸の主張が強過ぎるお酒でした。ここ数年飲んでなかった銘柄ですが、昔やった山廃が好印象だっただけにちょっと残念。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 吟ぎんが

    酒の種類 無濾過生原酒

    2019年7月6日

  • Ryouma Itpu

    こちらも大好きな酔右衛門 の夏バージョン
    酸味がかなり際立ち、甘みや香りには頼らず 切れていく
    無駄なアミノ酸も削っているので 味はあるが軽快で スッキリしている
    王碌といい この二本はタイプがどストライクすぎる

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+2

    2019年7月3日

  • ぱんじゅう

    フルーティーさがいっぱい。おいしいお酒、飲む価値あります。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 岩手吟ぎんが

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2019年6月15日

  • taitooth

    2019.5.29 武蔵関の大塚屋にて購入

    酔右衛門 夏ぎんが 純米吟醸 無濾過生原酒

    初訪問となったこのお店。
    推しのお酒達を見ているだけでもワクワクしますね。
    大坂屋さんといい、石塚さんといい実力派の酒屋が多いのは贅沢すぎる悩み。
    さて、名前の響きとラベルで買いとなった、この一本。
    酸をしっかりと感じつつも嫌みがなく、それでいて爽やかさもあり切れのいい味わいです。
    ラベルからも夏休みの始まりを連想しますが、それを思い起こさせる、ワクワクするような味わいで飽きませんね。
    さっぱり系のお刺身やもろきゅう等は相性がいいかと思います。
    ぜひぜひ他のバージョンもトライしたい銘柄です。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 吟ぎんが

    酒の種類 無濾過生原酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2019年6月5日

  • いっちゃんねる

    伊勢元酒店で購入

    酒の種類 無濾過生原酒

    2019年5月18日

  • Michi

    秋桜 純米吟醸 無濾過 2016.9仕込み
    東北旅で岩手で仕入れた一本
    控えめな、少し酸味を感じる米の香り
    まろやかな米の丸みと甘み、でも苦味と辛味が
    がつんとくる、ドライ!
    協会7合50%

    特定名称 純米吟醸

    原料米 吟ぎんが

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2019年5月11日

  • いけてる

    山廃純米 吟ぎんが 精米50%
    無濾過生原酒

    青リンゴやマスカットのキリッとした香り。
    スッキリ爽やかな甘さ。無濾過生だけど、まったりどっしりではなくて、本当にシャッキリとした若いりんごみたいな味わい。
    真夏にキンキンに冷やして飲みたい。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 吟ぎんが

    酒の種類 無濾過生原酒 山廃

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2019年5月10日

  • Yoshihiro Suzuki

    自分的にはやや辛めな印象。

    特定名称 純米

    原料米 亀の尾

    酒の種類 無濾過

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2019年5月3日

  • kemmy

    酔右衛門 純米酒 活性にごり酒。精米歩合70%にしてはクリア。開けたは微炭酸感強い、にごり酒感はあまりない。美味いぞ。

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2019年3月31日

  • kyoco

    酔右衛門 特別純米 無濾過生原酒
    岩手県産吟ぎんが

    焼き鳥屋さんにて♪
    辛口と聞いたのですが、
    爽やかな飲み口の後優しい甘みがあり、
    スッキリ切れます。
    美味しいですね^ ^

    2019年3月31日

酉与右衛門(酔右衛門)が購入できる通販

検索

容量 :全て | 720ml | 1800ml |

原料米:全て | 美山錦 |

酒造り:全て | 純米酒 | 醸造酒 |

商品画像 価格 商品タイトル 店舗
酉与右衛門 特別純米 無濾過生原酒 吟ぎんが 720ml【要冷蔵】直汲み 日本酒 清酒 四合瓶 岩手 川村酒造店 よえもん 酔右衛門 1,723円 酉与右衛門 特別純米 無濾過生原酒 吟ぎんが 720ml【要冷蔵】直汲み 日本酒 清酒 四合瓶 岩手 川村酒造店 よえもん 酔右衛門 (楽天市場) 店舗へ行く
酉与右衛門 よえもん 特別純米 美山錦 1800ml 日本酒 川村酒造店 岩手県 3,080円 酉与右衛門 よえもん 特別純米 美山錦 1800ml 日本酒 川村酒造店 岩手県 (楽天市場) 店舗へ行く
酉与右衛門 特別純米 無濾過生原酒 吟ぎんが 1800ml【要冷蔵】直汲み 日本酒 清酒 1800ml 一升瓶 岩手 川村酒造店 よえもん 酔右衛門 3,445円 酉与右衛門 特別純米 無濾過生原酒 吟ぎんが 1800ml【要冷蔵】直汲み 日本酒 清酒 1800ml 一升瓶 岩手 川村酒造店 よえもん 酔右衛門 (楽天市場) 店舗へ行く
Supported by楽天ウェブサービス

酉与右衛門(酔右衛門)の酒蔵情報

名称 川村酒造店
特徴 全国最大勢力を誇る杜氏集団が、南部杜氏だ。現在、会員数は約2000人近く。その南部杜氏の本拠地、岩手県花巻市の石鳥谷町にあるたった一軒の酒蔵が、「酉与右衛門(よえもん)」(注:「酉与」は「酔」の古い字体ですが、現代の漢字表記にないため、漢字二文字で表記しています)、「南部関」を造る川村酒造店だ。 創業1922(大正11)年で、近く100周年を迎える。創業者の川村酉与右衛門さんは、南部杜氏組合を立ち上げた大立者の一人。もちろん、現蔵元の川村直孝さんも、南部杜氏だ。東北地方最大の北上川に沿って広がる北上盆地のちょうど中ほどに位置する石鳥谷町。雪こそ多くないものの、冬の気温は-15℃まで下がる酷寒の地。この地で、直孝さんが醸す酒は、協会7号酵母のみを使った、酸味を重視したボディの太い酒。南部流の綺麗で香り華やかな酒と一線を画す。飲み応え十分で、洋風の食事にも合う食中酒だ。熱燗も美味い。 石鳥谷町は豊かな田園地帯、直孝さんも夏場は自家田で美山錦を栽培している。使用米の8割は、「吟ぎんが」をはじめとする岩手県産米。造る酒は全量純米酒だ。地元には、宮沢賢治が教鞭をとった花巻農業高校もあり、生徒が育てた特別栽培「ひとめぼれ」でも酒を醸している。その酒は、賢治の作詞した精神歌の一節をとって「ヒカリノミチ」と命名。生徒たちと、日本酒の未来へ続く道の意だ。
酒蔵
イラスト
酉与右衛門(酔右衛門)の酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 南部関 酉与右衛門(酔右衛門)
HP
所在地 岩手県花巻市石鳥谷町好地第12地割132
地図