1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 熊本の日本酒   ≫  
  4. 産土 (うぶすな)

熊本 / 花の香酒造

4.40

レビュー数: 525

「産土」は花の香酒造が掲げる酒造りの哲学のもと、2022年に誕生した新しいブランドである。産土とは産まれた土地、土地の神々の意味を表す言葉で、花の香酒造では「産まれた土地で、土着の環境と文化を守りながら“ここにしかない最高の酒づくりを目指す”」という哲学を掲げた。蔵は熊本県玉名郡和水町の菊池川流域に位置し、産土に使用する酒米は全て菊池川流域和水地区産のものとしている。ラベルは酒造りや土の環境にとって重要な微生物達をモチーフとしたデザインで、ここにも花の香酒造の産土の哲学が表現されている。

産土のクチコミ・評価

  • sakeizu
    recommend ピックアップレビュー

    sakeizu

    5.0

    産土 2022 山田錦 生酒
    美味しい〜
    炭酸ガスつよめだけど、泡は柔らかく細かい
    炭酸ガスを含んだ、メロン、洋梨、マスカットなどのもぎたてフルーツを想わせる香りと味わい。
    アルコール13%と軽快ながらも、旨味のあるとろみのある味わい。グラスがすすむ。

    花の香酒造株式会社
    熊本原産地玉名郡和水町
    熊本9号酵母独特の香り、酒本来が持つ甘みを、土地の仕込み水が宿したとろみのテクスチャーがバランスよく響き合わせることで和水町の自然そのままを表現した。

    産土・・自分たちの土地の持つ土着の個性と可能性を見いだし、ここにしかない味を醸す。

    原料米 山田錦

    酒の種類 生酒 生もと

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2023年8月25日

  • 天草二郎
    recommend ピックアップレビュー

    天草二郎

    4.5

    産土 2022 山田錦

    産土、去年のよりずっと美味くなっています❗️
    僕にはハッキリとマスカット系のフルーティーさが感じられました。

    甘過ぎず、シュワ感、透明感、爽やか過ぎます!
    コカコーラ、三ツ矢サイダー、アクエリアスのどれよりも爽やかです(笑)

    シャンパン🍾よりもスパークリング白ワインを連想させます!が、流石は花の香酒造で日本酒らしさもあり、いい酒ですよ😊

    昨年より高くなりましたが、それ以上に味が上がっています。
    これからさらに進化しそうな産土、何かのお祝いに上のクラスの産土を買ってみたくなりました🤗


    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2023年9月3日

  • dotdash
    recommend ピックアップレビュー

    dotdash

    5.0

    すっかり人気者になった産土の山田錦。
    10月出荷分なので今期最終ロットだと思われますが、相変わらずシュポっと勢いよく栓が飛んでいきました。
    町田酒造も夏に呑みたい酒ですが、今年みたいな猛暑はこれくらい酸が強いと喉ごしもさぞ気持ち良いのでは。まあ、日本酒で喉ごしも変ですが。
    山田錦らしい甘さも、じつにサッパリしたもので軽快。美味い。

    原料米 山田錦

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2023年10月22日

  • SU

    SU

    4.3

    産土 2023 山田錦 二農醸。
    久しぶりの産土!
    シュワシュワピリリの微発泡の口当たりで仄かな梨の甘味は感じられるが後口はドライにキレてく!
    肉料理に合う!
    ただ余り日本酒を飲まない人からするとビールっぽく感じられたとのこと。
    確かに甘味は前より抑え目になったように感じたかな?
    個人的には最初に産土を飲んだときの感動まではなかったが、美味しかったです!

    原料米 山田錦

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2024年2月27日

  • ももたろ

    ももたろ

    4.5

    さらーっとした呑み口と、ほのかな甘み。香りもよし。

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:甘い+1

    2024年2月25日

  • cefiro

    cefiro

    4.5

    産土二農醸。山田錦13度。
    低アル系の発泡酒。花の香という銘柄をほぼ捨てて作り上げた銘柄。

    バナナ系の味わいで、まさにジャパニーズスパークリングライスワイン。
    スパークリング系は飲みきりがしんどい。

    酒の種類 無濾過生原酒

    2024年2月24日

  • ひなおー!

    ひなおー!

    5.0

    製造年月2024.02
    
熊本県 花の香酒造 産土 四農醸

    特定名称不明 香子 生酛造り 生酒

    精米歩合不明

    alc.13℃


    色合い・かすみ色

    香り・・柑橘系と乳酸感

    含み・・シュワっと

    味わい・爽やかな甘みと酸

    余韻・・ナッツのような後口

    ********************************************************************
    基本的には産土らしい味わい。
    香りは控えめで、後口にナッツ感あり。

    原料米 香子

    酒の種類 生酒 生もと

    2024年2月24日

  • akim

    akim

    4.4

    産土 2023 穂増 四農醸
    上品できれいな甘旨酸。飲みやすいお酒。新政より旨味があります。

    原料米 穂増

    酒の種類 無濾過生原酒 生もと

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2024年2月18日

  • 仙臺四合

    仙臺四合

    3.5

    開栓! 2023年12月♬
    華やか微炭酸甘旨キレ綿菓子余韻音符
    2日目 優しさ甘主張高ふくよか軽心地よい苦落ち着き♫
    毎月頂けありがとう。

    2024年2月18日

  • きなこもち

    きなこもち

    4.8

    産土 穂増 五農醸

    ちょっとお高めなお酒ですよね…
    お久しぶりの産土さん、やっぱり美味しい!!飲み口軽めで甘味から入ってきますけど、ふわっと酸味で包んでくれて、上品にキレる感じ。お初の穂増さん、山田錦よりも甘味と旨味が輪郭クッキリ出てるかも

    2024年2月17日

産土が購入できる通販

検索

容量 :全て | 720ml |

原料米:全て | 山田錦 |

酒造り:全て | 純米酒 | 醸造酒 |

商品画像 価格 商品タイトル 店舗
産土 うぶすな 2023 山田錦 生酒 二農醸 720ml ¥7,000 産土 うぶすな 2023 山田錦 生酒 二農醸 720ml Amazonで購入するopen_in_new 店舗へ行く
産土 2023 山田錦 二農穣 720ml 製造年月23.12 ¥17,680 産土 2023 山田錦 二農穣 720ml 製造年月23.12 Amazonで購入するopen_in_new 店舗へ行く
産土 木桶醸造 穂増 生 五農醸 720ml 製造年月25.01 ¥21,960 産土 木桶醸造 穂増 生 五農醸 720ml 製造年月25.01 Amazonで購入するopen_in_new 店舗へ行く
産土 山田錦 二農醸 と 天美 純米吟醸 720ml2本 而今なども ¥22,400 産土 山田錦 二農醸 と 天美 純米吟醸 720ml2本 而今なども Amazonで購入するopen_in_new 店舗へ行く
産土 山田錦 二農醸 と 風の森 25周年記念 未来予想酒Ⅱ 720ml2本 而今なども ¥22,800 産土 山田錦 二農醸 と 風の森 25周年記念 未来予想酒Ⅱ 720ml2本 而今なども Amazonで購入するopen_in_new 店舗へ行く
産土 うぶすな 2023 穂増 五農醸 720ml 令和6年1月製造 ¥23,184 産土 うぶすな 2023 穂増 五農醸 720ml 令和6年1月製造 Amazonで購入するopen_in_new 店舗へ行く
産土 花邑 田酒 仙禽 廣戸川 田中六五 ¥32,200 産土 花邑 田酒 仙禽 廣戸川 田中六五 Amazonで購入するopen_in_new 店舗へ行く
Supported by楽天ウェブサービス

産土の銘柄一覧

銘柄
産土 2021 穂増 HOMASE

産土 2021 穂増 HOMASE

精米歩合:非公開、日本酒度:非公開、酸度:非公開、アルコール度:13%

産土 2021 山田錦 YAMADA NISHIKI

産土 2021 山田錦 YAMADA NISHIKI

原料米:山田錦、精米歩合:非公開、日本酒度:非公開、酸度:非公開、アルコール度:13%

産土 2018 エフェルヴェセント EFFERVESCENT

産土 2018 エフェルヴェセント EFFERVESCENT

原料米:山田錦、精米歩合:非公開、日本酒度:非公開、酸度:非公開、アルコール度:13%

産土の酒蔵情報

名称 花の香酒造
特徴 1902年創業の花の香酒造は、熊本県玉名郡和水町という山の中に位置する小さな酒蔵。蔵の目の前を流れる菊池川は、「二千年にわたる米作りによる大地の記憶が残っている」と日本遺産に認定されており、周辺には平山温泉、三加和温泉、山鹿温泉…と、いくつもの温泉がある自然豊かな場所で、「花の香」「花火」「ハナノカ」「神田」といった銘柄の日本酒を醸している。 創業当時は清酒製造だけだったが、のちに焼酎の蒸留もスタートさせた。しかし、やがて焼酎ブームが去ると、経営は危機的状態に陥る。六代目・神田清隆さんが実家である酒蔵に戻ってからの2014年、窮地を脱するため、数名の蔵人とともに「獺祭」の門戸を叩き、酒造りの極意を学んだ。 その後少しずつ設備を整え、「花の香」らしいと評判を得ている、香り高く、綺麗で透明感のある酒質を確立した。自らも一部田んぼを手掛けながら農業にも注目して、ついに令和1BYからは全量、地元・和水町産山田錦を使用し、和泉町でしか成し得ない酒造りを実現させている。(関 友美)
銘柄 花の香 神田 HANANOKA(ハナノカ) 花火 産土
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 熊本県玉名郡和水町西吉地2226−2
地図