1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 山形の日本酒   ≫  
  4. 珠韻 (しゅいん)
珠韻

珠韻 (しゅいん)

酒蔵サイトへ

山形 / 秀鳳酒造場

3.80

レビュー数: 80

「珠韻」の醸造元である秀鳳酒造場は、1890年(明治23年)、山形県山形市の北東部、山家(やんべ)の地にて創業。初代の社長は武田庄五郎氏で三代目まで庄五郎の名前を襲名。 戦時中の企業整備令のため一時廃業していたが、1967年に酒造りを再開し、社名を有限会社秀鳳酒造場とした。現在も創業の地の山家にて酒造りを行っており、国内外への出荷を行っている。米と水、麹や酵母から香りと旨みを引き出した日本酒造りには定評があり、愛飲者を全国各地に増やしている。その秀鳳酒造場で、数年前に彗星のように誕生した「珠韻(しゅいん)」。この酒は元々ある酒屋からの依頼を受けて誕生したという。今でも、全国で数件の酒屋にしか出荷されないというから極限定品だ。品名は「秀鳳(しゅうほう)」の中でも特別な酒だから違う名前ということで「珠韻(しゅいん)」に。素敵な余韻という意。先入観なしに味わってほしいと、スペックは非公開。間違いないのは、この品質の高さからの圧倒的なコストパフォーマンスに驚く。

珠韻のクチコミ・評価

  • ranten2019

    ranten2019

    5.0

    変なクセがなくどなたでも楽しめる味わい深い日本酒です。
    日本酒は常温で飲むとごまかしがきかず粗が見えやすいものですが、これは常温でも雑味がなく香りも豊かで大したものだと感心しました。
    パッケージも高級感があるので贈答用としてもお勧めです。

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2023年1月31日

  • akim

    akim

    4.0

    秀鳳 珠韻 しゅいん 生酒 3.9
    なめらかな甘旨たっぷりなお酒。あとから苦渋がきます。

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2023年1月24日

  • 田川の鯉

    田川の鯉

    4.0

    みずみずしいメロン香り。味も酸味と甘みがバランス取れていて上品。度数高いので飲みすぎ注意。

    2023年1月20日

  • 一日一合

    一日一合

    4.0

    コスパよし!

    2022年12月20日

  • すぎちゃんの冒険

    すぎちゃんの冒険

    4.0

    「白雪姫」
    山形・秀鳳酒造場・珠韻(しゅいん)・スペック非公開・生詰・17度
    ▼心に共鳴する真珠の美しさ、珠玉の余韻、みたいな意味なのかその名も珠韻 ▼タンク買い限定によるウルトラハイコスパのお値打ち品とのことだが、スペックは完全非公開。しかしてその実態は?穀潰しレベルの純米大吟醸という噂もあるが果たして
    ---
    ▽いやはや、なんとノーブルな味わいか。清く・正しく・美しく。王道を行く白雪系の透明感。色合いで言うならばとにかく白で、新雪の純白
    ▽口に含んだ感じ、敢えて言うなら氷砂糖のニュアンスと言うべきか。果実風味とか含めて癖のあるものが皆無。右も左も上下もない王道ど真ん中。17度あるのに低アルかのような穏やかさ、健やかさ
    ▽穏やか-柔らか-爽やか-ノーブルで何と言うか不思議な上流階級感の心地良さ。なのに匿名希望的な驚愕コスパで、下手すりゃ過去の監査基準に影響するくらいのインパクトあってちょっと焦る(笑)

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2022年7月22日

  • べっぷさん

    べっぷさん

    4.5

    謎スペック 幾人も激賞していた 自分も全く持って同意
    スペック非公開だが確かに精米歩合30%台の綺麗な味わい
    秋田酒こまちの様な雪女神を彷彿させる透明なコクとろ甘旨水
    東洋美人 -W- が好きな甘旨党はドンピシャ嵌まれ
    全国5店舗のみ特約店限定ブランド
    一升瓶しか残っておらず この味わいで3,190円とは度肝抜かれた
    最初っから一升瓶で間違いない無し
    来年は生酒で行くぞ

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+2

    2022年6月29日

  • str

    str

    4.5

    備忘録として

    珠韻 (秀鳳) 純米大吟醸クラス

    スペックは非公開だけど、純米大吟醸クラスで精米歩合は30%台のようです。
    そんなの知らずに買いましたが、久しぶりにいい酒に巡り合いました。
    口に含むと甘口ですが、ダラダラ甘いわけでなく、直ぐに酸味に変化しサラッと飲める1本です。

    世の中にはまだまだ美味い酒が眠っていると思うとその出会いにワクワクしますね!

    特定名称 純米大吟醸

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2022年5月5日

  • kasumi_♂

    kasumi_♂

    4.0

    珠韻

    精米歩合:非公開
    アルコール度:17度

    フルーティな甘味に爽やかな酸味。
    スッキリした口当たりと
    甘味の後に程よい辛味が穏やかに
    キレていきます。
    全体のバランスも良く眉目秀麗な
    とても美味しいお酒でした。

    特定名称 純米大吟醸

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2022年4月1日

  • スティーブ晋作

    スティーブ晋作

    3.5

    きりっとした酒
    酸味なのか雑味なのか
    数日おこう
    3日目、まろやかになるがパンチがないので、炭酸水で割ってGOOD

    2022年2月4日

  • 酔楽

    酔楽

    4.5

    今宵の地酒は、銘酒激戦区 山形の「珠韻」です。
    流通の少ない限定酒です。
    気になっていたお酒ですが、やっと巡り合えました。
    それでは、いただきま~す。
    口当たりはいたってソフト。やがて濃厚な甘味と酸味が口の中に広がります。
    濃厚な水飴とか綿飴が脳裏に浮かびました。遠くにバナナを感じます。
    余韻は濃厚な甘酸をキリッと爽やかな辛味で流してくれます。
    濃厚な味わいと思いきや爽やかなのは美味しい辛味の仕事が効いているのではないでしょうか。
    このお酒はスペックが非公開なので醸造過程の想像を駆り立てるお酒ですね。
    あまり味わったことのない余韻で、美味しく頂きました。
    こんなに美味しいお酒なのに安価なのでコスパは最高です。
    でも、手に入りにくいのが悔しい。

    2日目
    味わい変わらす゛。
    今宵も美味しくいただきました。

    原料米 全て非公開

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2021年8月14日

珠韻が購入できる通販

検索

容量 :全て | 720ml | 1800ml |

酒造り:全て | 純米酒 | 醸造酒 |

商品画像 価格 商品タイトル 店舗
珠韻 火入れ 秀鳳酒造 720ml 1,595円 珠韻 火入れ 秀鳳酒造 720ml (楽天市場) 店舗へ行く
珠韻 火入れ 秀鳳酒造 1800ml 3,190円 珠韻 火入れ 秀鳳酒造 1800ml (楽天市場) 店舗へ行く
秀鳳 珠韻(しゅいん) 生酒 [1800ml] [秀鳳酒造場] [山形] 3,190円 秀鳳 珠韻(しゅいん) 生酒 [1800ml] [秀鳳酒造場] [山形] (楽天市場) 店舗へ行く
Supported by楽天ウェブサービス

珠韻の酒蔵情報

名称 秀鳳酒造場
特徴 秀鳳酒造場は山形市の北東部、蔵王連峰の麓に位置する。創業は1890(明治23)年。蔵王山系の雪解け水を仕込み水に、山形県産米や県の開発酵母を積極的に採用し、山形独自の酒造りに取り組む。代表銘柄は「秀鳳」。吟醸王国山形らしく、デリシャス系のリンゴやマスカット思わせる華やかな香り、甘味のある果実香を持ち味とする。 新しい米による酒造りに果敢にチャレンジする蔵元としても知られる。「山田錦」や「美山錦」はもとより、山形県が大吟醸・純米大吟醸用に開発した期待の酒造好適米「雪女神」、県が開発し大きな心白をもつ「出羽の里」ほか、「出羽きらり」に「出羽燦々」、そしてブランド食用米「つや姫」と県産米だけでも枚挙にいとまがない。加えて人気が高く生産量も限られる「愛山」、日本最古の酒米「雄町」、さまざまな米の先祖となっている山形原産の「亀の尾」といった人気米も使用。 珍しいところでは、「山田錦」の母系で希少性のある「山田穂」、生産量も少なく貴重な広島産「こいおまち」、同じく「八反」など。極めつけは山形県の農業高校で交配・開発され、平成になって復刻された「玉苗」だろう。「亀の尾」を祖先にもつ「金紋錦」と「山田錦」を交配した酒造好適米。「秀鳳」は米違いの飲み比べが堪能できる銘柄だ。(八田信江)
酒蔵
イラスト
珠韻の酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 秀鳳 庄五郎 花うつろい ひまわり娘 いばらとみよ 北の勝鬨 珠韻 梧桐 池田 La Jomon
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 山形県山形市山家町1丁目6−6
地図