1.   ≫  
  2.   ≫  
  3.   ≫  
  4. 山の井 (やまのい)
山の井

山の井 (やまのい)

酒蔵サイトへ

福島 / 会津酒造 / 山の井

3.71

レビュー数:36

創業は元禄年間(1688?1704年)。歴史ある江戸時代の土蔵で酒造りを行っている。仕込み水はミネラルが多く含まれているまろやかな口当たりの超軟水の地下水を使用。「毎年、自由な発想で酒を造る」をコンセプトに、若き蔵元杜氏、渡部景大さんが綺麗でやさしい酒質を目指している。「山の井 純米」は、マスカットを思わせるみずみずしい甘さとしっとりとした米の旨み、酸と辛味のバランスもよく、穏やかな味わい。飲み飽きず、刺身や和食全般、鶏さしなどと合わせたい。

山の井のクチコミ・評価

  • みちのくdrunker

    甘ウマだけどスッキリ(^ν^)
    苦味と酸味の余韻が素晴らしい
    コスパも良し!

    特定名称 純米

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2018年2月20日

  • haya

    haya

    5.0

    山の井 雄町50 純米大吟醸です。
    立ち香は穏やかだけど、口に含んだら香りが華やかに拡がり、純大吟としたことに納得!

    しっかり、綺麗に、旨い。

    雄町の個性を残しつつ、適度な酸味で綺麗な印象に仕上げてる。

    最後に残るジューシーな米の旨みが、心地よく響き続けて、やんわりと切れる。

    濃厚かつ綺麗な味わいで、日本酒進化の最前線かなと感じました。

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 雄町

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:甘い+1

    2018年2月10日

  • ny_aoj

    酒飲みが「感じるままに」飲む酒として、
    良いと思います。

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:辛い+1

    2018年2月2日

  • ★モスキート★

    山の井 白 生
    裏ラベルに記載の通り、感じるままに冷酒でいただく。
    冷えているせいか香りはかんじられない。
    口当たり柔らか、ちょっとピリッとして、甘く後味に苦味で引き締める。
    味わいはやや濃いめ、これが、濃いめの食事とよく合います。
    オリを混ぜると味わいが濃くなり、ジュワッと切れてこれは旨い酒です。
    リピートしたい酒です。
    会津若松の会津酒楽館にて、四合瓶税込価格1,458円で購入

    特定名称 純米

    原料米 五百万石

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:普通

    2018年2月2日

  • ★モスキート★

    山の井 50 あさひ 純米大吟醸
    冷酒で
    スッキリしていますが結構な辛味が後味として残ります。
    ラムネのような味わいに感じられ、美味しいです。
    あまり主張が強くないのですが、ちびりちびりいつまでもお摘みつまみながらいけちゃう悪いお酒です。
    ほのかに甘く、ピリリッとした辛さで、じわっと喉奥が温かくなるようなお酒でした。
    会津酒楽館にて、四合瓶税込価格1,523円で購入

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 朝日

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2017年12月16日

  • そうじろう

    山の井 60

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2017年11月18日

  • みちのくdrunker

    この前飲んだ時よりも苦味を強く感じた(*´-`)体調によって味は変化するんだなって思う。ネットで探しても買えないから、飲めるだけでも幸せ。いつか家飲みしてみたい酒には変わらず(´∀`)

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2017年11月11日

  • ビラ

    一升飲んでみたが、、、自分の求めてる味とは違うなぁ。。。

    2017年10月29日

  • ビラ

    飲みやすさとわずかな辛口。

    2017年10月27日

  • ビラ

    口に含んだ瞬間から辛めの印象
    アルコール感も強い
    複雑でなんて表現してよいものか悩む味
    首を傾げながら何回も飲んでしまう複雑な味
    オンリーワンであることは間違いない

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:辛い+2

    2017年10月14日

  • みちのくdrunker

    フンワリとといい香り、トロリと甘ウマ(๑˃̵ᴗ˂̵)氷砂糖が舌の上で溶けてく感じ( ̄∇ ̄)感じるままに飲んだらファンになりました。

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2017年10月6日

  • よっしー

    石ちゃんのSAKE旅で見てから一度は飲みたいと思っていた山の井。東京駅の長谷川酒店で見つけて購入。

    最初は冷蔵庫でキンキンに冷やして飲んでたけど、冷蔵庫から出して少し時間が経つと甘い果物のような香りが立ってきて印象が全然変わる。

    少し色がついているのでお燗しても面白いかな、と思って燗してみたら、37度くらいまでは香りが高まってよかったけど、それ以上だとバランスが崩れちゃった。

    常温から少し冷やすくらいがオススメですね。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 山田錦

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2017年8月6日

  • かおたん吉

    ええ。感じるままに呑みましたとも。

    2017年7月20日

  • ★モスキート★

    山の井 あやめ
    シンプルながら目を惹くラベルです。
    冷酒で
    香りは淡い果実系、口に含むとフワッとマスカットのように爽やかな香りが鼻に抜けます。
    味わいは舌の奥横にジュワッとしみ入るジューシーな酸味
    喉越しはサラッとしていますが濃厚で、後味は喉にグッと苦味を伴います。
    最近流行りの夏酒とは一線を画す味わいで、うまい酒です。
    都内大塚の酒店にて、四合瓶税込価格1,404円で購入

    特定名称 純米

    原料米 夢の香

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2017年6月28日

  • wilier

    山の井 60 。「感じるままに」飲んでみたところ、思ったより濃いお酒だった。香りも思いの外強く、味もしっかり、ピリッとキレる感じ。

    特定名称 純米

    原料米 五百万石

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:普通

    2017年6月14日

  • ★モスキート★

    山の井 50 雄町 1回火入れ
    冷酒で
    まず開封して盃に注ぐと、ふわっとメロンのような甘い香りが漂います。
    味はやわらかい口当たりでほんのり甘く、しかし後味は、辛味からの苦味がすっきりと味をまとめます。
    やはり純米吟醸の作り、盃を近づけるとよく香ります。
    味と香り、濃厚ではなく中庸な感じで、これ、値段相応に美味しいです。
    会津若松の渡辺宗太商店にて、四合瓶税込価格1,944円で購入。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 雄町

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2017年5月30日

  • ★モスキート★

    山の井 70
    28BYが販売されたと聞き購入。
    冷酒で
    やはり軽いのですがほんのりメロンの甘さ、しかしピリリと辛く苦味をまといます。
    それが食中酒としてはバランスが良く、価格もお手頃なので味と値段のバランスも良いと思います。
    燗で
    上燗まで温めてみました。
    優しい味は変わらずほのかな甘味酸味をまといます。
    いづれにしても、味もお値段もバランスよく優しいお酒です。
    会津若松は渡辺宗太商店にて、四合瓶税込価格1,188円で購入

    特定名称 純米

    原料米 八反錦

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2017年5月20日

  • Yuki Nohara

    最近一番驚いたコスパ抜群の甘口でうまい酒

    2017年3月26日

  • ★モスキート★

    山の井 60
    2度目の登場
    酒米は五百万石
    冷酒で
    あれれ?前回飲んだ時より、格段にうまく味に奥行きを感じます。
    口当たりかさらりと水のようですが、辛みというかスキッとした喉越し
    後味はピリピリと刺激がやってきます。
    こんなに辛いお酒だったかな〜って思うほど、後味が個性溢れます。
    前回と印象が違うのは、製造年月の違いなのでしょうか?
    いつも酒粕をくれる会津田島の酒屋にて、四合瓶税込1,600円で購入

    特定名称 純米

    原料米 五百万石

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2017年3月13日

  • ★モスキート★

    山の井 60
    こちらもスペックがラベルに記載されていないので、ネットで調べるとこれは五百万石の純米らしい。
    口当たりが軽く、サラリとしています。
    やや酸味が前面にやって来て、辛味がやって来ます。
    シュワシュワしないラムネのような飲み口。
    こちらもスキーで訪れた会津田島の酒屋で、四合瓶税込1,410円で購入

    特定名称 純米

    原料米 五百万石

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:辛い+1

    2017年2月21日

山の井の酒蔵情報

名称 会津酒造
銘柄 会津凜 金紋会津 山の井 燧ケ岳 雪明り 田島 里の泉 会津(會津)
メーカーサイト メーカーホームページ
所在地 福島県会津若松市東栄町8-7
地図