1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 奈良の日本酒   ≫  
  4. 今西 (いまにし)
今西

今西 (いまにし)

酒蔵サイトへ

奈良 / 今西酒造

3.78

レビュー数:74

日本酒造りの発祥の地とされている、奈良県の三輪にある今西酒造。現在、日本酒愛好家からプロまで、多くの人たちから支持されている人気の酒蔵です。創業は1660(万治3)年と古く、地元にある酒の神様として信仰されている、大神神社のご神体を祀っている三輪山は、「三諸山(みむろやま)」とも呼ばれ、代々受け継いでいる「三諸杉」は、そこから名づけられたといわれています。現蔵元は14代目の今西将之さんで、定番銘柄の他、「三輪を飲む」をコンセプトに「みむろ杉」を立ち上げ、仕込み水と同じ水脈で育てる地元米で酒を醸しています。 「今西」は、製造石数が全体の約5%という限定商品で、岡山にある赤磐地区の雄町や朝日米を使用した酒です。シルクのようななめらかな口当たりで洗練された味の「みむろ杉」に比べ、「今西」はふくよかな甘みが特徴で、ほのかにミルキーなニュアンスがあります。たっぷりした旨みもありますが、後口のキレがよく、飲み飽きしないところも持ち味です。

今西のクチコミ・評価

  • ばんない

    ばんない

    4.5

    今西 備前雄町 純米酒
    2021.05製造

    【すーさん便 第1弾】
    久しぶりのすーさんとの交換会を開催しました。え?なにを送ったか?スペシャルなアレを送りました笑。アレ?皆さんおわかりでしょう笑
    そんなすーさんからお返しとばかりに送られてきた中の1本が「今西」でした。今西…?よくよく調べてみると、あの「みむろすぎ」の蔵元さん!なんと全体の5%の割合しか出荷されない超限定銘柄!!なんとぉー!九州じゃ絶対飲めない!酒友に感謝です( • ̀ω•́ )キリッ✧

    酒友さんが奈良に多いせいか、佐賀県68レビューはダントツなんですが、第2位は奈良県の20レビューという感じです。奈良酒おいしぃーですよね!本日も福岡駅の住吉酒販さんでみむろ杉を買ってしまった笑

    さてさて、酒友に想いを馳せ、レビューいきます。

    【スペック】
    ○使用米
    備前雄町
    ○精米歩合
    65%
    ○アルコール度数
    15度

    【味わい】
    ○香り
    お米ぇ〜の甘い香りと、ナッツぅ〜。
    ○含み
    サラリと入ってきます。お米の旨甘味がジュワッ!ちょいセメダイン感
    ○中盤
    甘味に加え酸味も参加。奥に心地よい苦味も感じられる。甘2:酸4:苦4といったところ。
    ○余韻
    余韻は響く系。甘→酸→苦味…とフィニッシュにかけて味わいの移ろいをしっかりと感じられます。

    【甘辛】
    中間

    ★総評
    お米の味わいを堪能できる旨口系純米酒。甘味、酸味、苦味のバランスとそれぞれの表情が素晴らしく、喜怒哀楽のようにメリハリある味わい!こりゃうまい!すーさん、なんという刺客を送り込んできてくれたんだ!!笑笑

    最後にすーさん、今回も素晴らしいお酒をありがとうございました

    明日から仕事の方も多いと思います。今宵も素晴らしい日本酒ライフを。

    特定名称 純米

    原料米 雄町

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2021年7月18日

  • ぼぶ

    ぼぶ

    4.0

    今西 純米吟醸 朝日米 1,403円
    甘酸っぱさと旨味が広がりつつ、すっきりきれる感じ。
    美味い。好き!コスパ高い。

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2021年5月30日

  • 計良貴広

    計良貴広

    4.0

    備忘録
    今西 純米吟醸 朝日

    2021年5月27日

  • ☆☆☆☆☆☆☆

    ☆☆☆☆☆☆☆

    4.0

    純米酒 備前雄町、火入れ。

    神からのお告げで国を救うために
    酒を醸し、酒造り発祥の地とされる
    奈良は三輪。
    酒蔵に吊るされている「杉玉」も
    三輪山にある日本最古の大神神社から
    届けられているそうです。
    そんな三輪山で350有余年「三諸杉
    (みむろすぎ)」という銘柄で酒造りを
    されている今西酒造さんの「今西」です。

    香りは上立ち、含み香共に白桃っぽく、
    大きな変化無く流石ですね。
    早く飲みたいという欲求を掻き立てら
    れる良い香りです。

    生を飲む機会に恵まれず、意を決して
    火入れを頂きましたが…美味しいです。

    柔らかく少しとろみを感じる口当たり、
    蜜のような甘味が、旨みと共に広がり
    軽い酸味を引き連れて、程よくキレて
    いきます。
    余韻の最後に、ああ飲み過ぎたと、後悔に
    似た苦味を残し、日は暮れる。

    いつかは生酒に出逢える事を祈りながら

    2021年5月14日

  • へんじがない、ただのびぼうろくのようだ…

    へんじがない、ただのびぼうろくのようだ…

    4.0

    ■今西 純米 備前雄町■

    今西酒造 株式会社(奈良県桜井市)
    原材料:米(国産)、米麹(国産米)
    精米歩合:65%
    原料米:備前雄町100%
    アルコール度:15度
    日本酒度:+1
    酸度:1.9

    製造年月:2021年3月

    「ハレの神酒 みむろ杉
     ケの酒 今西
     ・・・
     仏僧の般若湯 三諸杉(菩提酛)」

    特定名称 純米

    原料米 雄町

    酒の種類 一回火入れ

    2021年4月25日

  • ぼぶ

    ぼぶ

    4.0

    今西 純米吟醸 朝日 秋上がり
    旨味しっかり、後味すっきり。
    美味しい。

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2021年4月18日

  • 酔楽

    酔楽

    4.0

    今宵の地酒は、奈良の備前雄町で醸された「今西」です。
    このお酒は初呑みです。
    最近人気の「みむろ杉」の酒蔵です。
    石数の少ないお酒らしいのですが出会えて良かったです。
    それではいただきま~す。
    ソフトでスッキリと爽やかな甘旨なお酒です。
    口当たりがいいのでスイスイといけるお酒ですが、次第にキレ味が増してきます。
    忘れたころにやってくるこの重みがなければ★4.5だったですね。
    しかし、満足のゆく美味しいお酒でした。
    この酒蔵の地元限定のレアな「三諸杉」の本醸造も手に入ったので、しばらく寝てもらってから起こしたいと思います。
    寝ているお酒が増えて困っています。

    2日目
    チョッとコッテリな厚みが出てきましたが、美味しく頂きました。

    特定名称 純米

    原料米 備前雄町

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2021年4月17日

  • クワトロ

    クワトロ

    4.0

    今西 純米 備前雄町
    酔っ払って記憶が曖昧だけど写真撮ってたその3
    良い香りと雄町らしい旨味
    甘口くださいと言って出してもらった酒屋さんおすすめの一本

    特定名称 純米

    原料米 雄町

    2021年3月23日

  • 556

    556

    3.5

    フルーティーな感じがかなり旨い!みむろ杉と同様、大好きな一本です。

    特定名称 純米吟醸

    原料米 朝日

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2021年2月27日

  • 八代目ポン酒一択

    八代目ポン酒一択

    4.0

    純米 無濾過生酒 備前雄町
    程良い吟醸香からの甘旨で酸と辛の余韻
    温度が上がるとより旨味やコクを感じます
    みむろ杉と同じでこだわりの造りだと思うのでとても安定感がありコスパも良し

    2021年1月21日

今西が購入できる通販

検索

容量 :全て | 720ml | 1800ml |

原料米:全て | 雄町 |

酒造り:全て | 純米酒 | 醸造酒 |

商品画像 価格 商品タイトル 店舗
今西 純米吟醸 朝日 720ml 日本酒 今西酒造 奈良県 1,402円 今西 純米吟醸 朝日 720ml 日本酒 今西酒造 奈良県 (楽天市場) 店舗へ行く
今西 純米 雄町 720ml 日本酒 今西酒造 奈良県 1,485円 今西 純米 雄町 720ml 日本酒 今西酒造 奈良県 (楽天市場) 店舗へ行く
今西 純米吟醸 朝日 1800ml 日本酒 今西酒造 奈良県 2,697円 今西 純米吟醸 朝日 1800ml 日本酒 今西酒造 奈良県 (楽天市場) 店舗へ行く
今西 純米 雄町 1800ml 日本酒 今西酒造 奈良県 2,860円 今西 純米 雄町 1800ml 日本酒 今西酒造 奈良県 (楽天市場) 店舗へ行く
Supported by楽天ウェブサービス

今西の酒蔵情報

名称 今西酒造
特徴 1660(万治3)年創業の今西酒造。三輪素麺が有名な奈良県桜井市大字三輪にあり、近隣にある三輪山を御神体とする「大神神社」は酒造りの神様といわれており、「活日神社」には杜氏の祖とよばれる高橋活日命を祀られている。三輪山の通称が「三諸山」であり、みむろ=実醪…酒母のことを指しているといわれている。酒造り発祥の地と呼ばれ、今もなお酒の神様に見守られながら、同蔵では酒造りを続けている。 御神体である三輪山の伏流水を仕込水とし、三輪山の裏手に残る自然の原型ともいえる素晴らしい環境下で作られた米を使用している。とくに注力するのが、奈良県でただ一つ開発された酒造好適米「露葉風(つゆはかぜ)」。育てにくい米だけに生産量は少なく、使用している酒蔵も限られている。 代表的な銘柄は「三諸杉」と「みむろ杉」の2つ。創業当時からある地元流通「三諸杉」は、ふくよかな味わいと芳醇な香りが特徴。適度に熟成されることを計算して造れている。「ろまんシリーズ みむろ杉」は限定流通で、新鮮なうちに飲むよう計算された、穏やかな香りと酸が特徴のフレッシュできれいなタイプ。とくに「ろまんシリーズ みむろ杉」の甘みと酸のバランスのよさ、軽やかさは万人から愛され、この酒を日本酒の入り口にする人も少なくはない。「仙台日本酒サミット2019」 1位、「SAKE COMPETITION2019」純米酒部門」GOLD、「SAKE COMPETITION2018」純米酒部門SILVER獲得など安定した受賞を重ねている。(関 友美)
酒蔵
イラスト
今西の酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 みむろ杉 鬼ごのみ 今西
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 奈良県桜井市三輪510
地図