1.   ≫  
  2.   ≫  
  3.   ≫  
  4. MONSOON (モンスーン)
MONSOON

MONSOONのクチコミ・評価

  • そらまめ

    【笑四季 モンスーン 吟吹雪】
    前からラベルが気になってたモンスーン。
    まずは吟吹雪から飲んでみたけど、甘い。
    だけど甘酸っぱさにプラスして良い苦味。
    マンゴーかな?南国果実みたい。来福の
    メローとは違ったフルーティな美味しさ。
    貴醸酒も美味しく楽しいですね。

    原料米 吟吹雪

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:甘い+2

    2019年11月13日

  • SU

    SU

    4.5

    笑四季 MONSOON 生。
    甘くて円やかで美味しい。
    甘いけど最初から最後まで優しく綺麗な感じでした。

    原料米 玉栄

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2019年9月12日

  • KATSUYUKI

    あまい!とにかくあまい!貴醸酒だから当たり前ですけどね。だけど、ただ甘いだけじゃなく、味がしっかりしたくどくない甘さ。「酒を呑む」というより「スイーツを味わう」って感じになるよ。

    2019年9月8日

  • hiko99n

    同じくまえたにさんでチョイス。貴醸酒です。でも、これは人に送ろう。ラベルがきれいなので、覚えとして参考出品。と思ったら、ぶれちゃった。

    2019年8月19日

  • 坂谷知人

    笑四季酒造 貴醸酒 モンスーン山田錦
    ザ、貞子酒。(なぜこのパッケージにしたのか謎、、)
    酵母研究に尽力を尽くされてる竹島社長。
    貴醸酒の中でもとりわけ飲みやすさと味わいに特徴があります。
    甘味は2.3年前に作られたものより控えめになりつつもバナナのような香りはしっかり残っていて海外でも特に北の地域の方に好まれています。味の濃い料理が多い地域はいいかも。
    氷を入れても負けない味わいは一度お試しの価値ありな変化球日本酒です。
    貴醸酒なので他の日本酒より原材料も高いですがこのくらいの価格はまだOKです。
    正直言うと熟成してから飲むともっとうまいです。1,2年寝かせるといい感じで甘味が乗ります。

    原料米 山田錦

    酒の種類 古酒

    テイスト ボディ:重い+2 甘辛:甘い+2

    2019年7月19日

  • へべれけ燗太郎

    「笑四季」モンスーン27BY、酒米は玉栄。
    仕込み水の一部に清酒を用い、糖分を残したまま発酵を止めた貴醸酒です。
    アルコールは17度。

    香りはシンプル。
    砂糖水のようにピュアな甘みですが、酸が効いておらず、複雑みもなくて凡庸?
    アイスクリームにかけたらいいかもしれません。
    2本購入したので、1~2年常温で寝かせてみることにします。

    原料米 玉栄

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+2

    2019年3月9日

  • ともがゆく

    笑四季 モンスーン 吟吹雪
    前から気になってた貴醸酒専門の蔵
    甘い飲み口とスッと抜けてくる美味しいお酒

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2018年11月2日

  • hiko99n

    続いて、笑四季のモンスーン。ラベルだけでも愉しい。ヤングにはこういう酒を進めちゃおう。日本酒に対する印象が変わるかもしれません。
    味も爽やかなうす濁り。爽やかな甘味、爽やかな引き。

    特定名称 純米

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2018年9月15日

  • Ko Taro

    香りのみで想像した時の味と、実際に口に含んだ時の味が違う!

    2018年3月8日

  • 赤い足

    開栓直後、香りはかなり強めのセメダイン系の香り。
    でも、口に含むとパーッと広がるメロン香。
    このはっきりしたコントラストが良いかも。
    クセになる。
    味も甘過ぎず、むしろちょっと辛めかも。
    秋田に住んでいて貴醸酒と言えば新政の『陽乃鳥』の印象が強いんですけど、これは全く違う気がする。
    いつか飲み比べたいなぁ。

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:辛い+1

    2018年2月21日

  • らんとまる

    笑四季 モンスーン玉栄 生酒

    原料米 玉栄

    酒の種類 生酒

    2018年1月20日

  • らんとまる

    ラベルデザイン、いいですね。

    原料米 山田錦

    2017年11月11日

  • らんとまる

    ラベルデザイン、いいですね。
    もち、味もデス。

    原料米 玉栄

    2017年11月11日

  • Michi

    モンスーン、火入れの方です!
    濃い甘だけとかヤだな...と思いつつ
    えっ!なにこれ旨い
    ソーテルヌみたい、ソーテルヌより酸ない、そこまで甘くないから、軽く煮詰めたリンゴソースのフォアグラとか合いそう!
    香り完熟バナナ
    味わいは、上新粉をたくさんふった?やわらかい大福餅の中に若いリンゴのジャムが入ってるような!
    優しい。アルコール高いけど、クイクイいってしまう
    あかんやつー!

    自社酵母
    酒 高蔵で買った1800

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 山田錦

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:甘い+1

    2017年8月20日

  • gonzalez

    笑四季 モンスーン
    春に東京で購入したものです。貴醸酒を飲むのは新政の陽乃鳥に次いで2度目でした。「まー、貴醸酒だし甘くて濃厚で美味いでしょ」と軽い気持ちで購入したのですが、香りはそれほどなく、口に含むと……にぎやかな甘みがドドーンと広がります。なんというかダークチェリーのシロップ漬けみたいな派手な甘みでしたね。でも、ラストはおもいのほか辛くて猫だましをくらった気分になります。ただ、キレがいいかというとそうではなく、嚥下してからも甘みが舌の上に残っていました。
    評価は星2.5です。貴醸酒を飲んだ経験があまりないので、新政の陽乃鳥に比べてちょっとクドいかなーと。値段も値段なので、このぐらいの評価です。

    原料米 山田錦

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:重い+2 甘辛:甘い+2

    2017年6月16日

  • takasy

    笑四季 貴醸酒 MONSOON 山田錦 生
    初めての貴醸酒。甘〜〜い…が、貴腐ワインの様だと評されているのを見てそのイメージで挑み、肩透かしを食らった。最初から最後まであま〜い日本酒、ピュアな甘みを感じる。浅学が故か、最初の印象からズルズルいってしまったのでもう一度飲みたい一本。INTENCEあたりも購入予定。

    精米歩合 : 50%以下
    日本酒度、酸度 : ?


    原料米 山田錦

    酒の種類 生酒 原酒

    テイスト ボディ:重い+1 甘辛:甘い+2

    2017年5月17日

  • うーたん

    精米歩合50%、日本酒度非公開、酸度非公開、アルコール度17
    貴醸酒。かなりの甘口だが、ワインで言うところのライトボディなのでしつこさが無く飲み易い。後味にうっすら酸味を残してくれるのもありがたい。
    ※試飲会での感想です。自宅やお店でじっくり味わう感想とは異なります。ご容赦下さい。

    特定名称 普通

    原料米 玉栄

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:軽い+2 甘辛:甘い+1

    2017年3月31日

  • Be3

    Be3

    4.0

    貴醸酒らしくとろっと、若干甘く、そしてフルーティー。

    原料米 山田錦

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2017年3月4日

MONSOONが購入できる通販

検索

容量 :全て | 720ml |

酒造り:全て | 純米酒 | 醸造酒 |

商品画像 価格 商品タイトル 店舗
笑四季 「MONSOON」モンスーン(吟咲雪)火入れ 720ml 1,980円 笑四季 「MONSOON」モンスーン(吟咲雪)火入れ 720ml (楽天市場) 店舗へ行く
Supported by楽天ウェブサービス

MONSOONの銘柄一覧

銘柄

MONSOON 貴醸酒

MONSOONの酒蔵情報

名称 笑四季酒造
特徴 1892(明治25)年に創業した、「笑四季(えみしき)」を醸す滋賀県の酒蔵。かつて東海道五十三次に「水口宿」として登場した町で、地元向けの酒を醸してきたが、娘婿である醸造責任者兼経営執行者の竹島充修(あつのり)氏が蔵にきてから一変した。東京農業大学で醸造学を学んだ後、他酒蔵で就業してきた彼が描き出す世界観は独特で、従来の日本酒という概念に収まるものではない。 たとえば貴腐ワインからインスパイアされてつくられた「モンスーン」は、従来変わり種としてデザート感覚で飲まれて来た貴醸酒を、食前~食後まであらゆる場面で親しまれる酒へと昇華させた。ボトルデザインの斬新さだけでなく、醸造技術に支えられた酒質によるところが大きい。純米仕込、無添加無調整の製法と風味の損失を極力抑える技術により、米の酒本来の魅力を引き出す処方がなされているという。 「マスターピース」「恋をするたびに」「竹島事変」「エレメンツオブライフ」「センセーション」「笑四季劇場」「赤い糸」など次々とリリースされる酒の名は、まるで小説や映画、はたまたポップミュージックの曲名のようで、ラベルデザインも鮮やかだ。近年では「SAKE COMPETITION 2018」純米酒部門で金賞、「プロフェッショナルサケカレッジ2019」という業界人によるブラインド・テイスティングの総合一位などにも輝いている。時代がようやく笑四季についてきた。今後も必ず“なにかやってくれる”目が離せない酒蔵だろう。(関 友美)
酒蔵
イラスト
MONSOONの酒蔵イメージ

(加藤忠一氏描画)

銘柄 笑四季 Libertine MONSOON SENSATION
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 滋賀県甲賀市水口町本町1丁目7−8
地図