1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 宮城の日本酒   ≫  
  4. 戦勝政宗 (せんしょうまさむね)
戦勝政宗

戦勝政宗のクチコミ・評価

  • Shigeki

    戦勝正宗 特別純米
    東京グランスタのはせがわ酒店で購入。
    勝山の蔵なので相当甘いお酒を想像してましたが、酸味が強めなのと後味がサラッとしてるので、全く抵抗なく飲めました。

    特定名称 特別純米

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2020年1月14日

  • shou

    shou

    4.0

    どぶろくを飲んでるような甘い口当たりだが、後味は日本酒らしくスッキリキレる。アルコール感もなく、まるでジュースを飲んでいるかのようにスイスイ飲めてしまう日本酒。貰い物のため、値段も知らないが、美味しいことは確か。純米吟醸クラスも飲んでみたい。

    特定名称 特別純米

    酒の種類 生酒

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2020年1月8日

  • treridley-0918-

    戦勝政宗 特別純米。
    グレープフルーツのような爽やかな香りで、軽快な味わい。口当たりから喉ごしもスムーズで飲みやすいです。

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2019年12月27日

  • 酒呑童子

    戦勝政宗 純米大吟醸 山田錦

    スイスイ旨口タイプ

    2019年10月20日

  • いっちゃんねる

    銀座君嶋屋で購入。子どものジャケ買い。

    特定名称 特別純米

    2019年9月8日

  • kyoco

    戦勝政宗 特別純米

    炭焼き焼き鳥屋さんにて♪
    男前ラベル‼️⭐︎
    だけど、とっても甘いのです^ ^
    華やかなふわっとした甘さ‼️
    苦味は皆無です♪
    甘いのが残ってるうちに、
    焼き鳥をいただく^ ^
    美味しいです❤️

    2019年8月1日

  • 月うさぎ

    戦勝政宗 特別純米
    ほんのり甘口&旨口で、飲みやす〰️いお酒です。

    2019年7月8日

  • AGEHA

    綺麗な呑口(^.^)芳醇な旨味が口の中で広がる(^.^)
    ボトル・ラベルが粋な伊達者(^.^)
    強い武将が居る処(^.^)旨い酒あり(^.^)

    特定名称 特別純米

    原料米 ひとめぼれ

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2019年2月25日

  • つかとし

    東村山の鰻屋にて。飲みやすいお酒です。

    特定名称 特別純米

    2019年1月14日

  • ひとうおんせん

    立ち飲み屋のお姉さんオススメの一本。
    うすにごりイイね!
    ちょい甘。
    米の旨味が感じられます。
    寒い冬に飲みたい旨い酒。

    特定名称 純米

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2018年12月23日

  • フミ

    特別純米うすにごり、日本酒度1で先ほどより甘口。フレッシュな感じもあり悪くない。

    2018年12月20日

  • SU

    SU

    4.0

    戦勝正宗 特別純米。
    口当たりが軽くフルーツで言うと確かにブドウ系の旨味。
    常温位になると口に含んだ中盤に甘味が顔を出します。
    最後は苦味・渋味で綺麗にまとまってます。
    似たようなお酒は結構あると思いますが、その中でも甘旨味を感じられる方だと思います。
    宮城県 仙台市 カネタケ青木商店さんにて購入。

    特定名称 特別純米

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2018年10月26日

  • もびい

    特別純米。軽い口当たりの巨峰ブドウ系?フルーツ風味のアタック。甘過ぎず苦味軽めで酸味に乗って旨味辛味が広がるスッキリ旨辛の酒。15度で軽いのに中盤から余韻はボディ旨味感前に出てインパクトあり、フルーツ感と旨味を両立させた完成感ある酒。巨峰感はいままで飲んだ酒の中で最も出てるかも知れません。

    伯楽星や愛宕の松と同系統の印象も旨味は勝る印象。

    特定名称 特別純米

    テイスト ボディ:普通 甘辛:甘い+1

    2018年5月29日

  • にこ

    調べたらひとめぼれを酒米として使っているらしい。サラリとして飲みやすい。食中酒として、お燗で飲むといいかも。ワイングラスで飲むには香りとかパンチが足りない。

    特定名称 特別純米

    原料米 その他

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2017年11月12日

  • Tatsushi Momiyama

    黒地に金!強面で旨味が乗ってるけどスッキリサッパリ!
    男が男に惚れるパターン(笑)

    特定名称 特別純米

    2017年1月15日

  • Kenji  Shimomura

    仙臺驛政宗 純米吟醸袋搾り、純米吟醸愛姫のセット

    特定名称 純米吟醸

    原料米 驛政宗:ひとめぼれ、愛姫:ササニシキ

    2016年12月28日

  • uchida_yosuke

    特別純米
    荒々しい。パンチあり。
    独眼竜政宗世代としては、三日月がたまらない。

    2014年5月23日

戦勝政宗の酒蔵情報

名称 仙台伊澤家 勝山酒造
特徴 元禄年間に創業、仙台で現存する唯一の伊達家御用酒蔵で、300年を超える長きにわたる歴史を背景に「勝山」「戦勝政宗」という酒を醸している。「勝山」というメイン銘柄の名の由来は二つあり、一つは侍向けに「勝ち星を山のように取る」と縁起を担ぐという説。もう一つは江戸時代初期の女性達の間で一世風靡したハイセンスで華やかな武家風のまげ「勝山髷」という説だ。 1969(昭和44)年、上野精養軒より営業譲渡を受け、仙台精養軒としてレストラン事業を始めると、日本酒が洋食と共にテーブルに供されるようになり、西洋化した食と合う「献勝山」がリリースされると多くの支持を得て大ヒットとなった。1981(昭和56)年以降11代目の平一氏が宮城県酒造組合 10代会長に就任すると、酒質向上こそ日本酒の生きる道である、と「ササニシキ100%純米酒」を宮城県全蔵で取り組むよう働きかけ、県全体の酒質向上にも貢献した。 その後、三季醸造体制で1週間にタンク1本を仕込み、純米酒以上の高級酒のみを醸すという専用の蔵を設計し、すべての工程で徹底した温度管理のもとに精密な造りを実現。また酒のもろみのストレスを軽減して搾れるとされている「遠心分離器」を導入、勝山最高級酒「暁」に採用している。「SAKE COMPETITION」で2015年~2017年多数の上位入賞、「IWC(インターナショナルワインチャレンジ)2019 SAKE部門」純米吟醸クラスでは世界1位のトロフィーなど数々の輝かしい賞を獲得している。(関 友美)
酒蔵
イラスト
戦勝政宗の酒蔵イメージ

(立川哲之氏撮影+加藤忠一氏描画)

銘柄 勝山 撰勝山 シャトーガクト 戦勝政宗
HP 酒蔵ホームページはこちら
所在地 宮城県仙台市泉区福岡二又25−1
地図