1. ホーム   ≫  
  2. 日本酒ランキング   ≫  
  3. 山形の日本酒   ≫  
  4. おしゅん (おしゅん)
おしゅん

おしゅん (おしゅん)

山形 / 亀の井酒造

3.25

レビュー数: 26

おしゅんのクチコミ・評価

  • ごましおさん

    ごましおさん

    4.5

    おしゅん

    去年飲んで美味しかったおしゅん。
    どうしても夏になるとハイボールや酎ハイなんかに逃げがちなので、ここらでキリッとシュワッとしたいなと思い購入(笑)

    吹きこぼれる事なく無難に開栓。
    一口…
    あれ…?
    去年よりうまい!?

    しっかりとしたくどき上手っぽい甘い香りの吟醸香。
    変に苦味なくスゥーっと爽やかにキレていく。

    苦味を帯びたビターな感じを期待してたのに、いい意味で裏切られました。
    メチャメチャ爽やかフルーティーじゃないっすか(笑)

    よーく見たら、蔵出し2019年5月…
    約1年以上寝てらしたのですね。
    う〜む…こんなにも印象変わるんですねー…

    2020年7月16日

  • パパパK

    パパパK

    3.5

    くどき上手
    発泡性清酒 「おしゅん」

    非常にあっさり、スッキリ。
    夏酒も終わりかなー
    なんだか、物足りない気もしました。

    2019年9月14日

  • 麺魔

    麺魔

    4.0

    おしゅん 発泡性清酒
    精米歩合50%、アルコール分11度未満
    シュワシュワしてアルコール度数が低くとても飲みやすいです。それでいてしっかり旨味が感じられます。飲みすぎ注意です。

    酒の種類 発泡

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2019年9月1日

  • 日々是美酒也

    日々是美酒也

    4.0

    くどき上手 sparkring sake おしゅん をいただきます。暑い夏でスッキリしたくて買ってみました。くどき上手の夏限定酒ですが、発泡性清酒と記載されています。これは純米大吟醸なのですが、炭酸ガスを添加しているので、このような表現になるとのこと。発泡感としつこくない甘さで、後味スッキリ、10度の低アルコールで飲みやすいお酒なのです。狙い通りで満足でした!

    特定名称 純米大吟醸

    原料米 出羽の里

    酒の種類 発泡

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2019年8月31日

  • ごましおさん

    ごましおさん

    4.5

    おしゅん

    シュワシュワスパークリング。
    くどき上手に似たフワッと綺麗な吟醸香。
    開栓時に吹き出す程のビリビリの炭酸ではなく、シュワ〜とした泡がキメ細かい炭酸。
    口に含むと甘い香りと旨味が泡と共にシュワ〜っと広がる。
    一瞬酸味を感じるかなーと思うけど、その前にスッキリした苦味でキレる。
    アルコール度数も低く、ビターな後味で夏の暑い日にピッタリ!!

    日本酒のハイボールみたい(笑)

    2019年7月22日

  • pochi

    pochi

    3.0

    炭酸飲料です。
    日本酒のカテゴリーで考えると評価が3になりますが、
    炭酸飲料またはアルコールが入っているので、
    サワーなどと考えると満点です!

    2019年7月14日

  • eiko-sake

    eiko-sake

    本日開封です。
    くどき上手が呑みたいと思って酒屋さんに行った時、在庫無くこれがあったので購入。
    少し吹きこぼしてしまいました。お味は〜
    まずお米の味がします。が同時に苦味も結構。
    まあ辛口の分類でしょうか。
    スパークリングワインっぽく無く間違いなく日本酒の炭酸入りです。
    くどき上手の酒蔵なので甘味一杯か甘酸っぱいのを期待していたのですが肩透かしでした。
    洋食に合うわけでもなく、甘い和菓子に合いそうです。

    テイスト ボディ:普通 甘辛:普通

    2019年7月11日

  • ぴいぴい

    ぴいぴい

    3.5

    亀の井酒造のsparkling sake
    精米歩合50%
    発泡性があり、夏らしい爽やかな感じ。

    酒の種類 一回火入れ 発泡

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:普通

    2019年6月16日

  • フルやん

    フルやん

    3.5

    おしゅん 発泡性清酒
    精米50% アルコール10度以上11度未満

    香りは蒸し米!
    味わいは炭酸が強く噎せ込みましたよ!
    サイダーの様な感じで炭酸充填なんですね。
    食前の乾杯酒に良さそうです!
    一人で乾杯してますよ!
    旨いです!

    酒の種類 一回火入れ

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2019年6月1日

  • 縦の皮

    縦の皮

    3.5

    おしゅん 発泡性清酒

    くどき上手で有名な亀の井酒造さんのおしゅん。
    炭酸ガス添加ですが実質純大規格です。

    おー、まさに乾杯酒!という軽快な味わいです。やや甘く、炭酸もしっかりなので飲みやすい。圧倒的に食前酒向きです。おいしい!

    酒の種類 一回火入れ 発泡

    テイスト ボディ:軽い+1 甘辛:甘い+1

    2019年5月25日

おしゅんの酒蔵情報

名称 亀の井酒造
特徴 1983(昭和58)年、新たに出荷を開始した「くどき上手」の銘柄は、当初珍妙で奇をてらうかのように受け取られたが、従来の「亀の井」とは一線を画した酒質設計と市場開拓を狙ったものであった。爽やかなタッチとやわらかい飲み口を備えた、洗練された吟醸造りですぐに頭角を現し、銘酒の多い山形の中でも実力派としてすっかり定着した感がある。  全量を吟醸規格で出荷し、杜氏を兼務する今井俊治社長が明利酒類(茨城)で酒造りを学んだことから、明利酒類とゆかりの深い10号系酵母を主力に使ってきた。そのため酸の少ないすっきりとした風味が特徴だが、明利酒類が開発した「M-310」酵母を用いた香り高い製品や、超辛口の「ばくれん」も人気を呼び、酒質にも多様性が表れている。  現在は“ジュニア”と呼ばれている今井俊典専務も造りに参加し、独自に「ジュニア」シリーズを展開。平成に大きく成長したこの蔵も、次なる飛躍の時を迎えようとしている。 (松崎晴雄)
酒蔵
イラスト
おしゅんの酒蔵イメージ

(立川哲之氏撮影+加藤忠一氏描画)

銘柄 くどき上手 おしゅん 亀の井 ばくれん
HP
所在地 山形県鶴岡市羽黒町戸野字福ノ内1
地図